「トラストが早くもトヨタGR86をボルトオンターボ化!」ボルテックスとのコラボエアロも大注目

「トラストが早くもトヨタGR86をボルトオンターボ化!」ボルテックスとのコラボエアロも大注目

エアロは名門ボルテックスと共同開発!

早くもボルトオンターボキットを投入してドーピング

2021年6月6日に富士スピードウェイで開催された『86 Style with BRZ』。この舞台でパーツメーカー“トラスト”が、早くもGR86のチューニングコンセプトモデルを発表した。

すでに全方位に渡って手が入れられているが、トピックはやはり心臓部だろう。“ターボのトラスト”らしく、FA24ユニットのボルトオンターボ仕様を作り上げてきたのだ。

タービンはアクチュエーター式のT620Z-RXをインストール。EXマニ等はZN6用キットをそのまま使っているそうだ。まだ本格的なテストは行っていないが、開発陣の読みでは実測300psオーバーは軽く達成できるだろうとのこと。

インタークーラーは新規に開発。既存のZN6用に比べてコアサイズを拡大&薄型化しており、バンパー内レインフォースメントをカット加工することなく装着することが可能だ。

エキゾーストマフラーは、160φ砲弾サイレンサーに115φスラッシュカットチタンテールを備えたパワーエクストリーム3で武装。暫定仕様だが、ターボチューンドらしい重低音サウンドを響かせていたのが印象的。

一方、エクステリアを覆うエアロパーツはトラストと“ボルテックス”のダブルネーム仕様だ。高機能スタイリングをピュアに研ぎ澄ましていくシンプルデザインを掲げ、フォーマルな空間にも違和感のないアダルトスポーティを具現化している。

構成はフロントリップスポイラー、サイドスカート、リヤウイング、リヤディフューザーの4点。素材はいずれもウエットカーボンとなる。

リヤのGTウイングは製品化の際に角度調節機構が備えられる他、ボルテックスからは別タイプのモデルも設定予定とのこと。

ホイールは前後共にボルクレーシング新作のNE24(8.5J+42×18インチ)を装着。2×4レイアウトの複雑なツインスポーク仕様は、静止状態においても躍動感を放つ。履きこなしに物足りなさは一切感じない。

ブレーキは前後共にD2ジャパンのキャリパーシステムをインストール。フロントが6ポット+356mmローター、リヤが4ポット+356mmキャリパーという組み合わせだ。

足回りは『パフォーマンスダンパー』を軸に構築。ZN6型とは車重やトレッド幅が異なるため、減衰力やスプリングレート等のセッティングは今後GR86用に煮詰めていく予定だ。

室内はストリート仕様そのもの。ブリッドのフルバケでホールド性を高めた上、試作のGReddyステアリングやシフトノブ、シリウスユニファイブーストメーターでドレスアップ済みだ。

「現行型モデルで培ったターボ化のノウハウを注入しつつ、GR86に相応しいエアロパーツを与えました。ストリートからサーキットまで楽しめる製品を各種投入予定なのでご期待ください!」とは、トラスト広報の川島さん。

何はともあれ、GR86の購入を考えているユーザーにとっては早くも垂涎の存在が誕生したというわけだ。

●問い合わせ:トラスト TEL:0479-77-3000