2021年秋に正式発表されるBMWの新型EV「iX」の「ローンチ・エディション」の先行予約がスタート

■いち早い納車が約束される、装備全部のせ状態の豪華バージョン

2021年6月9日、BMWの新型EV「BMW iX」の初期生産モデル「ローンチ・エディション」の先行予約注文の受付が「BMWオンラインストア」で開始されました。

同EVは、2021年秋に日本で正式に発表されるモデルで、ひと足早く受注が開始されています。デリバリー開始は、2021年秋以降の予定になっています。

BMW iX
BMWの新型EVでSAVのiX

今回の「ローンチ・エディション」は、新型「BMW iX xDrive40」「xDrive50」の初期生産モデルで、「スカイラウンジパノラマ・ガラスサンルーフ」や「インテリア・スタイリング クリア&ボールド」など、上質なキャビンを演出する装備を含めた「ファーストクラスパッケージ」が用意されています。

さらに、「フロントアクティブ・ベンチレーションシート」や「マルチファンクションシート(運転席&助手席)」など、快適性を向上させる装備を含めた「ラウンジパッケージ」、専用の22インチアルミホイール、ブルーのブレーキキャリパー、ダーク仕上げを施された印象的なテールランプなどのスポーティな演出を担う「スポーツパッケージ」も備わります。

新型「BMW iX xDrive40ローンチ・エディション」には、「harman/kardonサラウンドサウンドシステム」が、新型「BMW iX xDrive50ローンチ・エディション」には、「Bowers & Wilkinsダイヤモンドサラウンドサウンドシステム」を含めた「テクノロジーパッケージ」を装備。

用意されるボディカラーは、新型「BMW iX xDrive40ローンチ・エディション」が、「ソフィストグレー・ブリリアント・エフェクト」と「ミネラルホワイト」の2色、新型「BMW iX xDrive50ローンチ・エディション」は、「BMW Individualアベンチュリン・レッド」のみになっています。

BMW iX
先行予約がスタートしたBMWの新型EVの「iX」

航続距離は、BMW iX xDrive50が630km、BMW iX xDrive40が425kmで、街中から高速道路を使ったロングドライブまで対応。23kWh/100km未満のエネルギー消費量とCd値0.25という空力性能の高さにより、高効率な走りが可能になるとしています。

2つのモーターとBMW xDriveの「e-AWD」を備え、「BMW iX xDrive50」は最高出力523psというハイパワーを誇ります。0-100km/h加速は4.6秒でクリア。(BMW iX xDrive40は、最高出力326ps、0-100km/h加速は6.1秒)。

充電は、最大90kWのDC急速充電で80分位内に80%まで完了し、AC普通充電は11時間以下、10分で55kmの航続距離を再充電が可能としています。

価格は、「BMW iX xDrive40ローンチ・エディション」が1155万円、「BMW iX xDrive50ローンチ・エディション」が1373万円です。

※上記数値には、欧州仕様値を含みます。

塚田 勝弘