エネルギー管理の難しいバクーで「高い戦闘力を発揮できた」新世代PUの進化を実感/ホンダ本橋CEインタビュー

 2021年F1第6戦アゼルバイジャンGPではピエール・ガスリーが3位、角田裕毅が7位でチェッカーを受け、アルファタウリ・ホンダが今季初のダブル入賞を果たした。ガスリーの表彰台は昨年のイタリアGPでの優勝以来、キャリア3度目。そして角田は開幕戦での9位以来となる2度目のポイント獲得だった。

 チームはトロロッソ・ホンダ時代にアゼルバイジャンGPを2回戦っているが、ブレンドン・ハートレーの10位が最高位と、決して得意なコースではなかった。車体性能もさることながら、ホンダ製パワーユニット(PU)のパワー、エネルギー回生の非力さも否めなかった。しかし今季の新世代PUは、それらの問題を軽々とクリアしたように見える。「HRD Sakuraやミルトンキーンズの努力で、かなり高い戦闘力が発揮できた」と、レース後のホンダF1本橋正充チーフエンジニアは手応えを語っていた。

 一方で角田についても、「バトルのなかでのスイッチ操作もミスなくやってくれた」と高く評価した。

────────────────────

──今週末は初日から非常に好調でしたが、車体、パワーユニット(PU)共に順調に合わせ込みができていたということですか。

本橋正充チーフエンジニア(以下、本橋CE):そうですね。FP1から狙ったパフォーマンスというか、セッティングもいいところからスタートできたので、初日の間にファインチューニングもどんどんこなせましたね。

──PU側で言うと、このサーキットでは今までMGU-Hの性能やエネルギーマネージメントの点で苦労していました。必ずしも得意なサーキットではなかったと思います。新世代PUが投入されたことで、確かな進化を実感できましたか。

本橋CE:はい。エネマネに関しては確かに厄介なサーキットで、そこをHRD Sakuraやミルトンキーンズの努力によって、かなり高い戦闘力が発揮できたと思います。

──これは車体側の美点だと思いますが、映像を見ていてもアルファタウリは非常に安定した挙動ですね。

本橋CE:そう思います。ここでは特に全体的に安定してたし、いいパフォーマンスが発揮できたと思います。開幕戦バーレーンGPもそうでしたが、セッティングを振った場合に、その方向性がすぐに見える。そんな感じの週末でした。

ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)

──その後のイモラやポルティマオなど、路面グリップが低かったり、風の影響を受けやすいコンディションでは、手こずることが多かったです。今回はそういう感じではなかったのですか?

本橋CE:はい。いくつか弱いかなというコーナーはありましたけど、全体的にはバーレーンに続いて、良いパフォーマンスを発揮できた週末でした。ただ、よかったで済ませるのでなく、何がよかったのかをしっかり解析して、次に繋げたいということはチームとも話しました。

──ここはビル風が局所的に強く吹いたりしますが、その影響もそれほどは受けなかった?

本橋CE:風向きは大きく変わりませんでしたが、ブレーキングで追い風方向のコーナーではちょっと苦労しましたね。それほど多くはなかったですが。

──贅沢な要求かもしれませんが、一発の速さに比べると、レースペースがもう少しあると完璧だった?

本橋CE:う〜ん、そんなに悪くはないと思いますが、前にクルマがいたことの影響はどうしても受けていたし、タイヤマネージメントにもかなり気を付けていました。それを考慮すると、そんなに悪くなかったと思います。

ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)

■「トラフィックのなかでも回生エネルギーをうまく扱った」開幕からの成長が見えた角田

──今週末の角田選手に関しては、どんなふうにご覧になっていましたか。

本橋CE:初めてのコースでもあり、初日はできるだけ周回を稼いで習熟することに専念しました。そうやって走るうちにペースも上がっていましたし、予選でぶつかったことにしても、もう少しいけるという手応えを感じていたからこそでしょう。まあ結果的にクラッシュしたので喜べはしないですけどね。

 レースもドライバーだけでなく車体、PU側合わせて改善できる部分もあったかなという感じです。スタートや終盤2周ではちょっと順位を落としたりしましたが、トラフィックのなかでも回生エネルギーの使い方など、うまく扱ってくれていました。同じ市街地コースでもモナコとはまた違ったスイッチ操作が必要なのですが、そこはうまく対応していました。

──途中ランド・ノリス(マクラーレン)とのバトルで、後ろからDRSでかなり迫られていました。そのあたりも、エネマネはかなり難しかったのではないですか?

本橋CE:はい。抜かれないためにも、回生エネルギーをうまく使わないといけない。その割り振りが、2kmの長いストレートで何とかしのいでも、次のターン2、3以降でまたオーバーテイクポイントがあったりする。そのあたりはこちらから指示してきちんと反応したり、あるいは角田くんが自主的に対応したり、バトルのなかでのスイッチ操作もミスなくやってくれていました。

角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)

──そこは開幕当時から比べても、はっきり見える成長部分でしょうか?

本橋CE:だと思います。もともとシーズン前から自分でいろいろ試していましたけど、こういう難しいコース、しかも他車との競争のなかでやり切るのはまた全然違う。それをきちんとやれているのは、成長を感じました。

──最後の2周は、それまでの勢いがなく、ずるずると順位を落とした印象です。

本橋CE:特に何か不具合があったわけではないですが、改めてデータを確認してみます。

──次戦フランスGP(ポールリカール)はまた全然違ったコースになりますが、ここまでの成長の成果を見せてくれそうですか。

本橋CE:そうですね。毎レースいろんなことを学んでいますし、我々も「ここをもう少し調整しよう」というところも見えている。一緒に進化していけるかなと思っています。

角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)