「名門サードが放つトヨタGR86コンプリートが早くも登場」新車発売と同タイミングで購入可能!?

「名門サードが放つトヨタGR86コンプリートが早くも登場」新車発売と同タイミングで購入可能!?

目指したのは“GRMN”を超える完成度

装着パーツは2021年10月発売を前提に調整中!

2021年6月6日に富士スピードウェイにて開催された『86 Style with BRZ』は、大手パーツメーカー各社が早くもチューンドGR86を展示。そんな中、名門サードが持ち込んだ“GR86 GT1”は、それらとは一線を画す、コンプリート販売を念頭に開発中のコンセプトカーだった。

この車両は機関系はあくまでもノーマルとしながら、足回りや駆動系、エクステリアなど細部の質感を高めるメイキングが施されているのがトピックだ。

エクステリアデザインは、元トヨタ86チーフデザイナーの“古川高保”氏が担当。前後に片側9mmを拡幅するワイドフェンダーを軸に、サードらしい上品かつスポーティなスタイルを狙った造形でまとめ上げている。

フロントセクションを手軽なリップスポイラーではなく、あえてフルバンパーで勝負している所にサードの強い拘りが感じられる。造形の自由度の高さを利用し、ダクトサイズを適正化、空力性能と存在感を大幅にアップさせているのだ。

サイドステップもワイドフェンダー基準で新規製作。「純正のサイドステップはまるまる取り外せるタイプなので、フェンダーラインに合わせた形状のものを作りました」とのこと。

美しいスポーク形状が特徴のホイールは、BBSのRE-V7(FR8.5J+45×18)。フロントブレーキは試作のアドヴィックス製4ポットキャリパーシステムを投入する。

リヤにはウェットカーボン製のGTウイングを装備。純正ダックテールの上にマウントするタイプだが、このダックテールは内部が空洞のため専用の補強パーツも投入しているそうだ。

なお、展示車両はローマウントのウイングステーを装着していたが、製品化の際にはハイマウントタイプも設定予定とのこと。

テールランプはZN6用でも展開していた丸目4灯タイプを開発。ピアノブラック仕上げのテールハウジングは純正センターガーニッシュとの相性も抜群だ。

エキゾーストマフラーは中間パイプからテールエンドまでフルチタンの『Ti-Z フルチタニウムマフラー』をインストール。ショットブラスト処理が施されたツヤ消し仕上げのテールエンドが個性的だ。

室内は純正シートのまま試作のシートカバーとフロアマットでドレスアップ。GRエンブレムと同様の赤黒2トーン仕上げとされた。

「ZN6型の86に設定された『GRMN』的なコンプリートカーとして、GR86発売のタイミングでリリースできるよう調整中です。パーツは10月に単体発売を開始する予定で、EXマニなどの本格的なチューニングパーツも順次開発していきますよ!」とは、サード近藤さん。

GR86自体の価格が発表されていない現状、この“GR86 GT1”も価格は未定。しかし、2020年に大きな話題を呼んだGRスープラのコンプリートカー同様、お買い得なパッケージで仕上げてくるはず。GR86の購入を検討しているユーザーは、選択肢のひとつに加えてみてはいかがだろうか。

●問い合わせ:サード TEL:0565-53-1166