コンパクトSUVの新スタンダード、ジャガー Eペイスとボルボ XC40試乗! 両者に通じる共通項とは?【Playback GENROQ 2018】

コンパクトSUVの新スタンダード、ジャガー Eペイスとボルボ XC40試乗! 両者に通じる共通項とは?【Playback GENROQ 2018】

Jaguar E-Pace × VOLVO XC40 

ジャガー Eペイス × ボルボ XC40

力強さと優美さの共存

世界的なSUVブームの中、またしても魅力的な2モデルがデビューした。スポーツカー顔負けのハンドリングと卓越した悪路走破性が魅力のEペイス。そして小型車向けの新アーキテクチャー「CMA」を採用したモダンなXC40だ。いわゆるプレミアムコンパクトSUVにカテゴライズされる2台の魅力に迫った。

ジャガー Eペイスとボルボ XC40のリヤスタイル

「今どきのコンパクトSUVの典型でありクルマ通が注目すべき2台」

世の中は、コンパクトSUVブームらしい。コンパクトというと、日本では全長4.3m以下のBセグメントや、軽自動車を想起する人もいるかもしれない。だが、いま世界的ブームになっているコンパクトSUVとは、Cセグメントの骨格設計を土台に、前後オーバーハングを短く削り込んで全長を4.4m台半ば程度までに収めたタイプだ。

ここで取り上げる2台も、そんな空気感の中で、これまでにない新機種として開発された今どきのコンパクトSUVの典型である。これ以外にも、新型ジープ・コンパスや三菱エクリプスクロス、BMW X2・・・など、コンパクトSUVは国籍や価格を問わずに百花繚乱である。そんな中でも、今回の2台はクルマ通が特に注目すべき存在だろう。

ジャガー Eペイスの走行シーン

「モデルの性格もブランドの推移も共通項が多い」

このEペイスとXC40には共通点が多い。基本骨格はともに横置きエンジンのFFベースだ。Eペイスのそれは今やジャガーと一体化したランドローバー(イヴォーク/ディスカバリースポーツ)の改良進化版であり、かたやXC40は今回初出のCMA(コンパクトモジュールアーキテクチャー)という違いはある。ただ、いずれにしても、他ブランド量産大衆車の使い回しではなく、自社開発の骨格構造である。

それに、ジャガーとボルボという2つのブランドにも共通点が多い。ともに長い伝統と確たるイメージがあり、しかも一時期は同じフォード傘下で血縁関係を結んでいた。かと思えば、ある日突然に離散させられて、現在は「お金は出すが口は出さない」という理想的(?)な親会社のもと、技術的には単独でやりくりする点でも両社は酷似している。

それにしても、これほど深い因縁を持つ2台が、同クラスの新機種をほぼ同時に世に出すとは、コンパクトSUVブームの勢いを改めて痛感させられる。また、両社ともに前記のような激動を経ての現在があり、それゆえに「自分たちのDNA、魅力とはなにか?」を明確に定義できている点も共通する。

だから、EペイスもXC40もブーム便乗商品という側面があるのは事実としても、クルマとしての商品力もお世辞ぬきでメチャ高い。Eペイスは誰が乗ってもジャガーだし、XC40は骨の髄までボルボだ。

ジャガー Eペイスのエンジン

「スポーツ指向のRダイナミックは徹底して走りが鋭い」

デザインの着想をFタイプから得たというEペイスは、見ても乗ってもスポーツカー・・・というか、そのサイズやレイアウトからすると、さしずめ「ホットハッチ」である。

今のジャガーは「スポーツカーっぽい」を自分たちの定義とする。その思想はジャガー初のSUVだったFペイスでも明確だったが、より後発にして、サイズも小さくてFFベース、しかもライバルが多いEペイスでは、それがさらに徹底されている。その明確なスモールキャビンデザインや、人間をタイトに取り囲むコクピットレイアウトは、なるほど、今あるどのジャガーよりも本格スポーツカーのFタイプに近い。

そんなEペイスは今回がスポーツ指向の「Rダイナミック」グレードだったこともあって、走りは徹底して鋭い。路面にベッタリ張りついて前後左右にほとんど動かない硬質なフットワークにも驚くが、とにかく緊密で超正確で、クリアな手応えのステアリングに「この瞬間がジャガーだね」としみじみしてしまう。

ジャガー Eペイスのインテリア

「Eペイスの真骨頂は、繊細美味な操舵感覚にある」

この種の高性能4WDはターンインでズバッと向きを変えて、即座にアクセルを踏んで安定したロケット脱出加速的な走りで真価を発揮するタイプが多い。しかし、Eペイスの真骨頂は、あえてゆっくりと愛でるように味わいたくなる繊細美味な操舵感覚にある。この操舵感覚への執拗なこだわりこそ、今のジャガー最大の生命線で、フロントサブフレームをボディに直付けする構造は、Eペイス専用の新機軸だそうだ。

さらに、Eペイスはサイズも機械構成もよく似たXC40より車重が約200kgも重いのだが、実際の運転感覚では重さをほとんど意識させられない。そのたっぷりと質量かけた豊潤な剛性感が「硬いのに跳ねない、重厚かつ軽快」というEペイスのフットワークに直結しているであろうこと、そしてジャガーのP250エンジンが額面以上にフレキシブルでパンチのある調律に成功していることがその理由だろう。

ボルボ XC40の走行シーン

「T5 Rデザインベース故にオンロードの戦闘力でもEペイスに引けを取らなかった」

ボルボのXC40にしても、今回の「ファーストエディション」はパワフルなエンジンとスポーツサスを備えるT5 Rデザインがベースゆえに、今回はオンロードの戦闘力でもEペイスに引けを取らなかった。

昨今のボルボはスポーツモデルにもすっかり開眼した感があり、このXC40の走りも、客観的に見ればクラス平均より、はるかに躍動的で俊敏である。ただ、今回のXC40がやけに穏やかで大人っぽく感じられるのは、となりのEペイスがその点で心地いいほどスカッと割り切って突き抜けていたからだ。しつこいようだが、XC40の走りを冷静に評価すれば、このシャープで安定した走りと、高級なストロークや乗り心地の両立点は、掛け値なしに現時点でトップクラスの1台といえる。

ボルボ XC40のインテリア

「大人っぽく穏やかな味わいのXC40、ホットハッチを彷彿とさせるEペイス」

XC40で走り以上に感慨深いのは、完全に潜在顧客の琴線をつかんだデザインと機能性だ。そのツボをズバッと突くデザインもそうだが、脱着式ゴミ箱など、まるで日本の軽自動車を思わせる(?)便利グッズをそこかしこに仕込んでくるあたり、今のボルボには「いい企画やアイデアがどんどん湧いてくる!」という好業績のイケイケ感が溢れているのがもっとも魅力なのである。

ジャガーやボルボにとって、コンパクトSUVはエントリー商品である。よって、そこに使う技術や装備、アイデアには一定の割り切りと取捨選択を必要とする。その結果として、Eペイスはギンギンのホットハッチに、XC40はオシャレで多機能なツールになった。こうした割り切りと取捨選択こそ、各社のウデとセンスの見せどころであり、高級車ブランドもこぞって参入した今のコンパクトSUVは、だから面白い。

REPORT/佐野弘宗(Hiromune SANO)
PHOTO/市 健治(Kenji ICHI)

【SPECIFICATIONS】

ジャガー Eペイス RダイナミックSE(P250)

ボディサイズ:全長4410 全幅1900 全高1650mm
ホイールベース:2680mm
車両重量:1890kg
エンジンタイプ:直列4気筒DOHCターボ
総排気量:1995cc
最高出力:183kW(249ps)/5500rpm
最大トルク:365Nm(37.2kgm)/1300-4500rpm
トランスミッション:9速AT
駆動方式:AWD
サスペンション:前マクファーソンストラット 後リンクストラット
ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール:前後235/65R17
燃料消費率:11.2km/L(JC08モード)
車両本体価格:650万円

ボルボ XC40 T5 AWD Rデザイン 1stエディション

ボディサイズ:全長4425 全幅1875 全高1660mm
ホイールベース:2700mm
車両重量:1690kg
エンジンタイプ:直列4気筒DOHCターボ
総排気量:1968cc
最高出力:185kW(252ps)/5500rpm
最大トルク:350Nm(35.7kgm)/1800-4800rpm
トランスミッション:8速AT
駆動方式:AWD
サスペンション:前マクファーソンストラット 後マルチリンク
ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール:前後245/45R20
燃料消費率:12.4km/L(JC08モード)
車両本体価格:559万円

※GENROQ 2018年 6月号の記事を再構成。記事内容及びデータはすべて発行当時のものです。