新型レクサスNX、プラットフォームをRAV4と共有するボディシルエットを初公開!

■鋭く吊り上がるヘッドライト、垂直なノーズ、クーペ風ルーフを確認

レクサスは主力クロスオーバーSUV・新型「NX」を6月12日にワールドプレミアすることを発表、リアエンドの一部を先行公開したばかりですが、今度は全体的なボディシルエットがわかるティザーイメージを初公開しました。

レクサス NX_001
レクサス NX新型 ティザーイメージ

新たな予告画像からディテールは明かされていないものの、鋭く吊り上がるヘッドライト、垂直なノーズ、緩やかに傾斜したルーフエンド、L字型のLEDテールライトなどを確認することができます。。

レクサス NX_002
レクサス NX新型 ティザーイメージ

次期型では「TNGA-K」プラットフォームを「RAV 4」と共有。すでに目撃されたスパイショットから、LEDデイタイムランニングライトがバンパーではなく、メインヘッドライト内に統合されることが濃厚となっています。これにより、現行型よりスッキリとしたフロントエンドが期待できそうです。

キャビン内では、フルデジタル化されたインストルメントクラスタを採用、巨大なインフォテイメントタッチスクリーン・ディスプレイと組み合わされます。

パワートレインは、RAV4と共有する2.5リットル直列4気筒エンジンをエントリーモデルとするほか、カムリから流用する3.5リットルV型6気筒エンジンが設定されると予想されます。

ワールドプレミアは日本時間6月12日正午。「NX350」および「NX350h」の名前が商標登録されていることも確認されています。

(APOLLO)