フェルスタッペン「僕がメルセデスF1に乗ればルイスより0.2秒速く走れる」マシンの優位性への指摘に反発

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、2021年F1第6戦アゼルバイジャンGPではメルセデスW12よりレッドブルRB16B・ホンダの方が速かったため、勝つのは難しかったと考えている。しかしレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、アドバンテージはマシンだけにあったのではないと示唆、自分がメルセデスのマシンに乗れば、ハミルトンより0.2秒速く走れると発言した。

 アゼルバイジャンGPで、フェルスタッペンはレースをリード、しかしタイヤのトラブルでリタイアしなければならなかった。それによってハミルトンは2番手に上がったものの、赤旗後のリスタートで誤ってブレーキバランス設定に関するボタンを触ってしまったことで、ターン1で飛び出し、15位に沈んだ。

 そのため、両者は共にノーポイントとなり、第6戦終了時点で、ドライバーズ選手権ではフェルスタッペンが105点、ハミルトンが101点のまま、それぞれ1位と2位をキープしている。

2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がタイヤトラブルでリタイア
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がタイヤトラブルでリタイア

 メルセデスは、モナコGP、アゼルバイジャンGPのストリートサーキットで非常に苦戦し、両選手権のリードを失った。

 バクーでメルセデスは速さを発揮できずに苦しみ続けた。困難な週末を送ったハミルトンは、ペース差を考えれば、レッドブル・ホンダのマシンの方が速いことは明らかであると発言したが、フェルスタッペンは、マシンの優位性のみでストリートサーキットで強さを発揮したわけではないと示唆した。

「僕が彼なら、同じことを言うだろうね」とフェルスタッペン。

「でも僕が彼のマシンに乗ったら、彼より0.2秒速く走れる。彼が何を言おうと気にしない」

 一方でフェルスタッペンは、ハミルトンのターン1でのミスはプレッシャーによるものだとの主張は控えた。

2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP リスタート時のセルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)

「全員がそれぞれベストを尽くそうとしている。僕は、彼がプレッシャーを感じているからミスをしたのだと言うつもりはない」

「皆、自分の状況のなかで最大限の結果を出そうとしているんだ。ルイスは今年、チームメイトだけでなく、他のチームとも戦わなければならない状況だ。それが新たな側面を加えているのは、このスポーツにとっていいことだと思うよ」