Hondaウエルカムプラザ青山が6月8日から営業時間を短縮して再開。優勝記念でF1も展示

 東京都港区にあるHondaウエルカムプラザ青山は、4月25日から新型コロナウイルス感染拡大防止のため臨時休館していたが、6月8日(火)から営業時間を短縮して再開することになった。再開にあたっては、感染拡大防止対策に取り組みながら一部ステージの休止などが行われる。

 Hondaウエルカムプラザ青山は、東京都港区の本田技研工業本社1階の施設で、2020年1月に製品および企業姿勢の発信の場、気軽に立ち寄れる開かれた憩いの場としてリニューアルオープンした。ホンダの二輪、四輪の市販車はもちろん、さまざまな製品や技術の展示、そしてレーシングカー/バイクの展示も数多く行われている。

 そんなHondaウエルカムプラザ青山は2021年は1月、さらに4月から新型コロナウイルス感染拡大防止のため臨時休館していたが、6月8日から再開した。開館時間は11時〜17時で、カフェ営業はなし。ASIMOステージショーは休止、混雑時は入場制限が行われる。

 Hondaウエルカムプラザ青山では「再開にあたってはお客様、従業員の安心安全を第一に考え、感染拡大防止対策に取り組んでまいります。ご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます」としている。

 6月8日からは、ひとりひとりのライフスタイルをカスタマイズするクルマやバイクを提案する、バーチャルオートサロンに出展したカスタムモデルが展示される『Honda Honda Honda Do It Together!』がスタートするほか、6月13日までF1アゼルバイジャンGP優勝記念の垂れ幕とともに、レッドブル、アルファタウリのマシン展示を行うほか、モナコGPで飾ったF1での80勝記念のパネルも展示されるので、モータースポーツファンなら立ち寄りたいところだ。

 Hondaウエルカムプラザ青山やイベントの詳細はホームページ(https://www.honda.co.jp/welcome-plaza)まで。