STCC王者ダールグレン、僚友コチュリンスキーと開幕1-2発進。初参戦リンク&コーも勝利

 改訂版カレンダーの発表を経て、開幕の日を迎えた2021年のTCRスカンジナビアこと、STCCスカンジナビアン・ツーリングカー選手権は、2度のチャンピオン獲得経験を持つPWRレーシングのロバート・ダールグレン(クプラ・レオン・コンペティションTCR)が、僚友ミカエラ-アーリン・コチュリンスキー(クプラ・レオン・コンペティションTCR)を従えてワン・ツー・フィニッシュを達成。続くレース2も制したダールグレンは、新シーズンでの3冠獲得に向け連勝発進を決めている。

 そして週末の最終レース3では、昨季までホンダ・レーシング・スウェーデンby MA:GPの名称でシリーズを戦ってきたマティアス・アンダーソンが、新たにスイッチしたリンク&コー03 TCRで欧州地域最初のカスタマーとしてSTCC初勝利を飾っている。

 2020年当初から新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応で、世界的な潮流とは異なる“集団免疫獲得”の初期施策を打ち出したスウェーデンだが、現時点で感染症の流行を効果的に抑え込んでいる状況でありつつも、全6戦へと復活したスケジュールは変更を強いられる事態となった。

 5月開催予定だったクヌットストープに代わる新たな開幕戦には、かつて軍事飛行学校も併設された100年近い歴史を持つ、STCC初登場のトラックである全長2.1kmのユンビヘッド・パークが指名され、この6月4~5日にようやく開幕の日を迎えた。

 開幕直前にはレストラップ・レーシングで王座防衛を表明していたロブ・ハフが、WTCR世界ツーリングカー・カップでのプログラム優先のため急遽シリーズを去ることが決まり、全13台の勝負となったプラクティスから、ダールグレンと宿敵ブリンク・モータースポーツのトビアス・ブリンク(アウディRS3 LMS)が最速を分け合う、下馬評通りの形で始まった。

 しかし予選Q1、Q2では新生クプラ・ディーラー・チームとして参戦するダールグレンが底力を見せ、両セッションともにブリンクを抑えてポールポジションを確保してみせた。

 日曜の午前11時前にスタートを迎えた2021年最初のレース1は、最前列のダールグレンが危なげなくホールショットを奪うと、その背後では3番手セカンドロウに着けていたシリーズ史上初の女性勝者、コチュリンスキーのクプラがアウディを仕留め、PWRレーシングがオープニングからワン・ツー体制を固めていく。

開幕直前にLestrup Racing(レストラップ・レーシング)で王座防衛を表明していたロブ・ハフが去り、急遽全13台での勝負となった
開幕直前にLestrup Racing(レストラップ・レーシング)で王座防衛を表明していたロブ・ハフが去り、急遽全13台での勝負となった
2戦連続予選ポールポジション獲得のロバート・ダールグレン(Cupra León Competición TCR)が、完璧なポール・トゥ・フィニッシュを決める
2戦連続予選ポールポジション獲得のロバート・ダールグレン(Cupra León Competición TCR)が、完璧なポール・トゥ・フィニッシュを決める
「これ以上ない、最高のシーズンスタートが切れた」と、3度目のタイトルに向け好発進のダールグレン
「これ以上ない、最高のシーズンスタートが切れた」と、3度目のタイトルに向け好発進のダールグレン

■最終レース3ではリンク&コー03 TCRがSTCC初優勝

 いきなり3番手に下がったブリンクは、背後から迫るレストラップ・レーシングの新エース、2年目のオリバー・セーデルシュトレーム(フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR)からの猛攻にさらされる。

 20周レースも終盤を迎えた17周目にオーバーテイクを仕掛けたゴルフGTIだったが、追い抜きざまにアウディに接触してしまい、ブリンクがグラスエリアへ弾き出される事態に。この事件に対しスチュワードはレース後のタイム加算ペナルティを科したことで、セーデルシュトレームは3位チェッカーから7位にまで降格する最終リザルトとなった。

 一方、先頭ではダールグレンがラップダウンに行く手を阻まれタイムを失う場面があったものの、背後のコチュリンスキーはピタリとエースの背後を守ってフィニッシュラインへ。PWRレーシングが完璧なレースで開幕初戦を制し、3位にブリンク、4位にカヤード・レーシングのアンドレアス・アールベルグ(フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR)、そしてアンダーソンのリンク&コー03 TCRが続くトップ5となった。

 そのまま午後14時を前に、予選Q2の結果により同じ顔ぶれの前方グリッドで始まったレース2は、首位のダールグレンのみ初戦リプレイのような好発進を決めるも、今度は2番手ブリンクがコチュリンスキーを抑え込むことに成功。アウディはレース全周を通じてディフェンスを強いられながらもポジションを守り抜き、同じ3名が表彰台に登壇した。

 そして午後16時40分スタートの最終レース3は、前戦トップ8のリバースグリッドにより、カヤード・レーシングのヒューゴ・ネルマン(フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR)とアールベルグのフロントロウに。

 しかし電光石火のダッシュを見せた3番グリッドのアンダーソンがその2台を出し抜くと、1コーナーで首位を奪って以降ポジションを譲らぬ快走を披露。背後ではグリッドでの立ち往生でクラッシュが発生する波乱もありつつ、そのままリンク&コー03 TCRがSTCCでの初優勝をマーク。2位ネルマンに続く最後の表彰台には、最後尾からスタートしながらも、僚友コチュリンスキーの奮闘にも助けられたダールグレンが入っている。

「チームにとって素晴らしい週末だった。開幕スタートにこれ以上の喜びはないね。この勢いのまま、僕のホームレースであるシェレフテオに向かっていきたいと思っているよ」とダールグレン。

 そのSTCC第2戦シェレフテオ、ドライブセンター・アリーナでの1戦は6月18~19日に開催される。

Brink Motorsport(ブリンク・モータースポーツ)のトビアス・ブリンク(アウディRS3 LMS)は、レース1でアクシデントに見舞われながらも表彰台を確保した
Brink Motorsport(ブリンク・モータースポーツ)のトビアス・ブリンク(アウディRS3 LMS)は、レース1でアクシデントに見舞われながらも表彰台を確保した
レース2のポディウムも、レース1と変わらぬ顔ぶれが並んだが、ミカエラ-アーリン・コチュリンスキー(Cupra León Competición TCR)はレース3でKågered Racing(カヤード・レーシング)勢を道連れにリタイヤを喫することに
レース2のポディウムも、レース1と変わらぬ顔ぶれが並んだが、ミカエラ-アーリン・コチュリンスキー(Cupra León Competición TCR)はレース3でKågered Racing(カヤード・レーシング)勢を道連れにリタイヤを喫することに
マティアス・アンダーソンが、新たにスイッチしたLynk&Co 03 TCRで欧州地域最初のカスタマーとしてSTCC初勝利を飾っている
マティアス・アンダーソンが、新たにスイッチしたLynk&Co 03 TCRで欧州地域最初のカスタマーとしてSTCC初勝利を飾っている