『DS7クロスバック』に、栗毛色のナッパレザーを装備した優雅な特別仕様車が登場

 DSオートモビルのフラッグシップSUV『DS7 CROSSBACK(DS7クロスバック)』に、栗毛色のナッパレザーシートをあしらった特別仕様車『DS7 CROSSBACK Grand Chic BlueHDi ALEZAN(DS7クロスバック・グランシック・ブルーHDiアルザン)』が登場。伝統技法の1枚革が形作るウォッチストラップシートを採用した、独自の世界観が息づく1台に仕上げられ、この6月4日から発売開始となっている。

 シトロエンから派生したDSオートモビルは「フレンチブランドだけが成しえる“ラグジュアリー”をキーワードとした、フランスの自動車文化を復活させる」ことを使命として掲げている。その哲学に則り、これまでもその独創的デザインテイストを強調した数々のモデルが送り出されてきたDS7クロスバックに、パリに伝わるもの作りの技と美学“サヴォワフェール”の精神を体現したモデルが設定された。

 これまでも同車の最上級インテリアとして、ウォッチストラップシートを採用した“OPERA”内装のトリムが用意されてきたが、今回は通常のムラ染のブラックナッパレザーに変えてブラウンのナッパレザーが各所にあしらわれ、栗毛の馬を意味する“アルザン”の名を冠した特別仕様車に仕立てられている。

 ブランド新生初期の『DS5』から続くDSオートモビルのシグネチャーともいえるウォッチストラップシートは、文字どおり腕時計のストラップからインスピレーションを得た複数のコマが組み合わされたかのような立体的かつシャープな形状が印象的。

 背面と座面部分はそれぞれ一枚革でできており、立体感はステッチングとクセつけだけで造形されている。これは複数の革をステッチや接着で組み合わせると接合部分が固くなることから、座り心地が悪くなることをさけるための工夫として、フランスに伝わる革製品の技術が自動車のシートにも落とし込まれた格好だ。

 また、シートやドアパネル、ダッシュボードの一部にはパールトップステッチがアクセントに使われ、真珠のネックレスのようにステッチが球状に露出するオートクチュール由来の技法として、こちらにもフランス匠の技が盛り込まれている。

 パワートレインにはブルーHDiの名称どおり、定評ある2リッター直列4気筒クリーンディーゼル(177PS/400Nm)に電子制御8速オートマチックトランスミッションEAT8を組み合わせ、2000rpmから最大トルクを発生するエンジン特性とつねにロックアップするEAT8の制御により、ドライバーのアクセルワークに即座に反応するパフォーマンスも備える。

 ボディカラーはブランナクレ、ブルーアンクル、オルビザンタン、グリアルタンス、グリプラチナム、ノアールペルラネラの6色が用意され、価格は657万9000円(消費税込み)となっている。

伝統技法の1枚革が形作るウォッチストラップシートには、ムラ染のブラックナッパレザーに変えてブラウンのナッパレザーが採用された
伝統技法の1枚革が形作るウォッチストラップシートには、ムラ染のブラックナッパレザーに変えてブラウンのナッパレザーが採用された
パノラミックサンルーフやスマートフォンワイヤレスチャージャーなど、快適装備も充実
パノラミックサンルーフやスマートフォンワイヤレスチャージャーなど、快適装備も充実

DSコール TEL:0120-92-6813
公式ホームページ:https://web.dsautomobiles.jp/ds7-crossback-alezan/