シューマッハー「こういうレースでは生き残ってチャンスを掴むべき。今回はうまくやれた」:ハース F1第6戦決勝

 2021年F1第6戦アゼルバイジャンGPの決勝レースが行われ、ハースのミック・シューマッハーは13位、ニキータ・マゼピンは14位でレースを終えた。

■ウラルカリ・ハースF1チーム
ミック・シューマッハー 決勝=13位

ミック・シューマッハー(ハース)
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP ミック・シューマッハー(ハース)

 誰にとっても難しいレースだったと思う。レースでのタイヤデグラデーションが事前の予想よりも大きかった。C5に履き替えるために予定外のピットストップを行い、フィーリングは良かったのだが、そのスティントは赤旗で中断されるかたちになった。

 楽なレースではなかったのは確かだけれども、ポイント圏内に近づくことはできた。こういうレースになった時、僕らはとにかく最後まで生き残って、チャンスを確実につかなまければならない。今回はそれをうまくやれたと思う。ずっと戦い続けてきて、トンネルの終わりを示す小さな光が見えてきた感じだ。

■ウラルカリ・ハースF1チーム
ニキータ・マゼピン 決勝=14位

ニキータ・マゼピン(ハース)
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP ニキータ・マゼピン(ハース)

 レースそのものは悪くなかった。いろいろなことに足を引っぱられ、少々うんざりさせられたものの、ペースは良かったんだ。ブレーキがオーバーヒートしがちで、最初からマネージメントしなければならない状態だったので、それに関してちょっとした実験をしていた。そのためにブレーキバイアスを変えなければならず、結果としてロックアップが起きやすくなっていた。一度は壁に突っ込みそうになって、大きくタイムを失ったよ。

 2度のセーフティーカーランの後、レースは最後に活気を取り戻した。僕が言っておきたいのは(注:危険な動きでブロックを試みたことについて)、メインストレートでチームメイトにポジションを奪われそうになって、ちょっと動揺しただけということだ。僕らが置かれた状況はあまり変わっていないけど、この順位(13位と14位)はチームにとっていい数字だと思う。他のドライバーたちに予期せぬ出来事が起きたために、手に入れることができた順位だけどね。全体としては、かなりポジティブだ。