オコン「ブースト圧が下がってリタイアに。トップ10に入れるペースはあった」:アルピーヌ F1第6戦決勝

 2021年F1第6戦アゼルバイジャンGPの決勝レースが行われ、アルピーヌのエステバン・オコンはトラブルによりリタイアに終わった。

■アルピーヌF1チーム
エステバン・オコン 決勝=リタイア
 今回はチャンスをつかめなかったようだ。とてもトリッキーなレースになり、僕のクルマはスタートしてまもなくブースト圧が下がってしまい、リタイアを強いられた。いいスタートを決め、2台のマクラーレンの前にいて、周囲のドライバーたちと戦っていたんだけどね。自分なりのレースをしようと心がけて、それがうまく行っていたし、最後にフェルナンド(・アロンソ)が証明してみせたように、トップ10に入れるだけのペースはあった。

 この週末、僕に運がなかったことは明らかだけど、気持ちを切り替えて次のフランスGPを楽しみにしたい。僕にとっては本当に特別なレースになるからね。またあのサーキットでレースをするのが待ちきれないよ。

エステバン・オコン(アルピーヌ)
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP トラブルでリタイアとなったエステバン・オコン(アルピーヌ)のマシン