F1第6戦アゼルバイジャンGP決勝トップ10ドライバーコメント(1)

 2021年F1第6戦アゼルバイジャンGPの決勝レースで6位~10位に入賞したドライバーたちが日曜日を振り返った。6位~10位のドライバーはフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)、角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)、カルロス・サインツ(フェラーリ)、ダニエル・リカルド(マクラーレン)、キミ・ライコネン(アルファロメオ)だ。

■アルファロメオ・レーシング・オーレン
キミ・ライコネン 決勝=10位

2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP キミ・ライコネン(アルファロメオ)
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP キミ・ライコネン(アルファロメオ)

 最後の2周を迎えるまでは、あまり大きな出来事のないレースだった。何とか1点を持ち帰ることができて良かったよ。驚いたのは、オーバーテイクがとても難しかったことだ。前のクルマに追いつくのはわりと簡単なのに、そこから仕掛けることができなかったんだ。赤旗後の再スタートでは密集した集団の中にいて、もう少しうまくやれたかもしれないが、逆にひどい結果に終わる可能性もあった。そう考えて、この1ポイントをありがたく受け取っておくよ。いずれにせよ、これ以上の成績は難しかったと思う。

■マクラーレンF1チーム
ダニエル・リカルド 決勝=9位

2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP ダニエル・リカルド(マクラーレン)
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP ダニエル・リカルド(マクラーレン)

 レース中に何度か、「もうちょっとエキサイティングになるといいんだけどな……」と思っていたら、突然そういう展開になった(笑)。

 ポジティブな場面もいくつかあったけど、ちょっと難しい時間帯もあった。ハードタイヤにフラットスポットを作ってしまい、赤旗前の最後の数周はトリッキーになっていたんだ。そこまでは、まだそんなにひどい状態ではなかったんだけどね。最後のスタートでは蹴り出しがいい感じに決まり、アウトサイドからうまく抜け出すことができた。ところが、インサイドに何台かクルマがいて、行き場がなくなってしまったんだ。そして、ターン2への進入の渋滞の中で誰かに追突された。

 僕としては、今回はあまりいい仕事ができなかった。今後もプランに従って努力を続け、さらに前進していきたい。

 それから、亡くなったマンスール(・オジェ)を追悼し、キャシーと彼の家族のみんなにお悔やみの言葉を送りたい。彼はマクラーレンとF1全体にとても大きな貢献をした。彼がいないと、本当に寂しくなるよ。

■スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ
カルロス・サインツ 決勝=8位

2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP カルロス・サインツJr.(フェラーリ)
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP カルロス・サインツJr.(フェラーリ)

 思っていたようなレースができなかった。土曜までとはマシンの感触が違っていた。スタートやリスタート、ピットストップ後など、タイヤが冷えている時には、フロントのロッキングとブレーキにとても苦労した。それがあのミスにつながったんだ。あれで僕のレースは台無しになった。高くついたミスだったよ。

 最終的にポイント圏内に戻ってきたけれど、この結果に満足ではない。今日苦しんだ理由を理解して、今後のレースに向けて改善を図りたい。マラネロに行って作業する時間はあるし、次のフランスにはもっと強くなって戻ってくるよ。

■スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ
角田裕毅 決勝=7位

2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)

 今週末、マシンのペースは力強かっただけに、今日の結果には少しフラストレーションを感じます。レースのスタートはよかったと思いますし、赤旗まではとてもいいパフォーマンスができていたと思います。残念ながら、最終ラップにかけて2つポジションを落としてしまいました。違うやり方があったのかは定かではありませんが、さらに前に行くためにはどうすべきかを学ぶべく、今夜はすべてを分析します。

 7位という結果で、チームにとって貴重なポイントをもたらせました。ピエール(・ガスリー)の表彰台を祝福したいです。チームはそれに相応しい仕事をやり遂げ、素晴らしい結果が出せました!

(SNSでコメントし)今日は7位フィニッシュ。赤旗の後、良いポジションにマシンを持っていくことができませんでした。レース全体を見ればポジテイブに思えるのですが、最後のラップが悔しいです。

 アルファタウリとしてはとても良い週末になったので、この波に乗って次の3連戦に向けて準備開始です!

■アルピーヌF1チーム
フェルナンド・アロンソ 決勝=6位

2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)

 この週末、大きくポイントを稼ぐことができて、チームのためにもうれしいね。チャレンジングな週末を戦い抜いたみんなに相応しい結果だと思う。

 再スタート後の2周は最高に楽しかった。少しでもポジションを取り戻そうとアグレッシブに攻めたんだ。週末を通じて堅実にいい仕事ができたが、レースでは少しペースに劣るところがあった。その点については見直しが必要だ。とはいえ、今日の最終的な結果には満足しているし、この勢いを次のフランスにも持ち込みたい。