ポールから4位のルクレール「ガスリーとの表彰台争いはハードだった」フェラーリ/F1第6戦

 2021年F1アゼルバイジャンGP決勝で、フェラーリのシャルル・ルクレールはポールポジションから4位、カルロス・サインツは5番グリッドから8位という結果だった。

■スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ
シャルル・ルクレール 決勝=4位
 4位は、バクーに到着する前の予想どおりの位置といえるだろうね。今週末、ポールポジションを獲れたことが最初の驚きだった。ふたつめの驚きは、今日、中団のライバルたちがものすごく速かったことだ。

 ポールスタートだったが、上位2チームのマシンにはオーバーテイクされるだろうと思っていたし、実際そのとおりになった。

 1回目のピットストップの後、やれるだけのことをやろうと努力した。最初のセーフティカーの後のリスタートではロックアップしてしまった。フラットスポットがふたつできて、その状態で走り続けたので、本当に難しかった。今日のレースのなかで一番苦労したところだと思う。最後まで走り切れないと真剣に思ったよ。

 赤旗が出た後、表彰台の望みがあると考えた。でも残念ながら成功しなかった。セブ(ベッテル)はすごい仕事をしたね。おめでとうと言いたい。ピエールもそうだ。終盤の彼とのバトルはかなりハードだったよ!

 これからも努力し続け、正しい方向に進んでいく。

2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)とピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)とピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)

■スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ
カルロス・サインツ 決勝=8位
 思っていたようなレースができなかった。土曜までとはマシンの感触が違っていた。スタートやリスタート、ピットストップ後など、タイヤが冷えている時には、フロントのロッキングとブレーキにとても苦労した。それがあのミスにつながったんだ。あれで僕のレースは台無しになった。高くついたミスだったよ。

 最終的にポイント圏内に戻ってきたけれど、この結果に満足ではない。今日苦しんだ理由を理解して、今後のレースに向けて改善を図りたい。マラネロに行って作業する時間はあるし、次のフランスにはもっと強くなって戻ってくるよ。

2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP カルロス・サインツJr.(フェラーリ)
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP カルロス・サインツJr.(フェラーリ)