レッドブル代表「予期せぬ不運に見舞われたが、両選手権の首位を失わずに済んだことは喜ばしい」/F1第6戦

 2021年F1アゼルバイジャンGP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはタイヤトラブルでリタイア、セルジオ・ペレスは優勝を獲得した。

■レッドブル・レーシング
チーム代表クリスチャン・ホーナー
 ジェットコースターのようなレースだった。今日はありとあらゆる感情を味わったように思う。あと5周で2016年以来初のワンツーを達成できるところだった。しかしレースをリードしていたマックスがタイヤのパンクのためにリタイアしなければならなかった。予想もしない事態に、胸が張り裂けそうな思いをした。

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP 46周目のメインストレートで左リヤタイヤのバーストに見舞われたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

 赤旗中断の後は、セルジオのハイドロリック・プレッシャーが低下しているという大きな懸念のなかで、レースを続けることになった。最後まで走り切れるという保証のない状態だ。しかしありがたいことにセルジオはしっかり走り切ってみせた。さらにリスタート時、ルイス(・ハミルトン)がターン1でミスをしたことで、我々はコンストラクターズ選手権で(メルセデスとの)ギャップを拡大し、マックスはドライバーズ選手権のリードを保ち、チェコはランキング3位に浮上した。

2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)が優勝
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)が優勝

 もちろんマックスの結果は残念だが、一方でチェコが我々チームでの初優勝を遂げたことは喜ばしい。彼は週末を通して非常に速かった。彼が表彰台最上段に立つ姿を見ることができ、チーム全員が心強い気持ちになった。
 ピエール(・ガスリー)も強力な週末を過ごし、表彰台に上った。そのことも非常にうれしいことだった。

 この勝利を亡きマンスール・オジェに捧げたいと思う。マクラーレンファミリー、さらにはF1界が彼を失うことを残念に思う。彼は人々に感銘を与える人物であり、光栄なことに私が友人と呼べる存在だった。

 最後に、すべてのパートナーに対し、心からの感謝を示したい。我々チームのあらゆる分野の人々がこのタイトル争いのために懸命に取り組んでいる。Mobil 1が今週末、アップグレード版のエンジンオイルを用意してくれたのも、その表れである。

2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)の優勝を祝うチーム