トヨタ、サルディニアで今季3回目のワン・ツー・フィニッシュ。WRC両選手権首位を堅守

 6月6日、WRC世界ラリー選手権第5戦イタリアは競技最終日のデイ3が行われ、トヨタ・ヤリスWRCでシリーズ最高峰クラスに参戦しているTOYOTA GAZOO Racing WRTは、セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア組が優勝、エルフィン・エバンス/スコット・マーティン組が総合2位に入ったことで、チームは今シーズン3度目のワン・ツー・フィニッシュを達成した。

 また、競技初日にデイリタイアとなったカッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組は総合25位でラリーを完走。TOYOTA GAZOO Racing WRCチャレンジプログラムに参加している勝田貴元/ダニエル・バリット組は前戦ポルトガルに続き総合4位を獲得している。

 シーズン中盤戦、第5戦『ラリー・イタリア・サルディニア』のデイ3は、島の北端エリアに設定された2本のステージを各2回走行するかたちで争われた。SS17~20が行われたこの日は最終ステージで小雨が降ったものの、路面コンディションはほとんど変わらずドライのまま進行している。

 前日にラリーリーダーに浮上し、最終日を首位で迎えたオジエは、総合2番手につけるエバンスとの間に38.9秒ものギャップがあることからボーナスポイントが懸かる最終パワーステージに焦点を合わせ、そこまでの3ステージはやや抑え気味のペースでタイヤを温存する作戦を採った。
 
 この戦略が功を奏しオジエは最終SS20で4番手タイムを記録。今シーズン3回目、サルディニアでは自己通算4度目となる総合優勝を飾るとともに、ボーナスポイントの2点を獲得してみせた。これによりドライバー選手権のランキング首位を守ったWRC7冠王者は、ランキング2位につけるエバンスとの差を11ポイントに広げている。

 総合2番手でデイ3の戦いに入ったエバンスは、オープニングのSS17とその再走ステージであるSS19でベストタイムを刻み、総合3番手につけるティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)に対するリードを37.5秒に拡大してみせる。
 
 迎えた最終SS20ではウォータースプラッシュで水がエンジンに吸い込まれて一時的にスローダウンしたものの、直前のステージまでにライバルに築いていた大きなリードにも助けられ、今季3度目となる2位表彰台を獲得。ドライバー選手権でもランキング2位を守った。
 
 彼らの活躍によりTOYOTA GAZOO Racing WRTは開幕戦モンテカルロ、第3戦クロアチアに続く今季3回目のワン・ツー・フィニッシュを飾り、首位に立っているマニュファクチャラー選手権でのリードを49ポイントに拡大させている。

エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC) 2021年WRC第5戦イタリア
エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC) 2021年WRC第5戦イタリア
優勝したセバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア組(右)
優勝したセバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア組(右)

■ロバンペラのマシンに問題が出たが、「全体的にはパフォーマンス、信頼性、安定性に優れていた」とラトバラ代表

「信じられないような週末だった。サルディニアでこのような結果を残せるとは、正直思っていなかった」と語るのは、今季5戦3勝のオジエ。

「初日の出走順が1、2番手だったにも関わらず、チームがワン・ツー・フィニッシュを飾ることができたのは本当に素晴らしいことだ」

「ポルトガルでは思うようなスピードで走れなかったが、その後すぐに改善がなされ、今回はいいフィーリングで走れたのでうれしかったよ」

 ラリーの初日に総合2番手を走りながらも技術的な問題によりデイリタイアとなったロバンペラは、パワーステージでのボーナスポイント獲得に注力し、狙いどおり3番手タイムで3ポイントを獲得。次につながるスピードを示してラリーを締めくくった。

 TGR WRCチャレンジプログラムの下、トヨタ・ヤリスWRCで今季の全ラウンドに出場している勝田は総合4番手でラリー最終日を迎えた。

 この日、彼のコドライバーを務めるバリットが熱中症気味になり気分がすぐれなかったため、勝田は総合4位の座をしっかりと守ることを優先して走行し、ポジションを堅守してフィニッシュ。2戦連続で自己最高位タイの総合4位でラリーを終えた。なお、バリットはラリー後に医師の診断を受け、身体に問題がないことが確認されている。

「チームにとって素晴らしい結果だ」と今戦の戦いを総括したヤリ-マティ・ラトバラ代表。

「我々にとっては簡単なラリーではないこと、必ずしも勝てるとは限らないことを承知の上でサルディニアに来たが、最終的にワン・ツー・フィニッシュを祝うことができた」

「とはいえ、初日にカッレ(・ロバンペラ)のクルマに問題が発生するなど、完璧な週末ではなかった。より強くなるために、今回の件から学ばなくてはならない」

「しかし、それを除けば他の3台のヤリスWRCは厳しいステージでもしっかりと走っていた。全体的にはパフォーマンス、信頼性、安定性に優れていたと言えるだろう。チャンピオンシップにとっては非常に良いニュースだが、競争はどんどん厳しくなっているため、今回のような結果をこれからも得るためには努力し続けなければならない」

 WRCの次戦第6戦はアフリカのケニアで開催される『サファリ・ラリー』だ。6月24~27日にかけて行われるこのラリーは19年ぶりにWRCカレンダーに復帰するイベントで、マニュファクチャラーチームの現役ドライバーの中で、このラリーに出場経験がある選手はゼロ。また、以前とはステージも異なるため、誰にとっても完全に新しいラリーとなる。

 ステージは第4戦ポルトガル、今戦のサルディニアに続くグラベル(未舗装路)で、非常に高速な区間と路面が荒れた区間の両方があり、スピードだけでなくクルマの耐久性も同時に求められるラリーとなる。

セバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC) 2021年WRC第5戦イタリア
セバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC) 2021年WRC第5戦イタリア
勝田貴元(トヨタ・ヤリスWRC) 2021年WRC第5戦イタリア
勝田貴元(トヨタ・ヤリスWRC) 2021年WRC第5戦イタリア
カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC) 2021年WRC第5戦イタリア
カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC) 2021年WRC第5戦イタリア
サルディニア恒例の勝者のダイブを行うTOYOTA GAZOO Racing WRTのメンバーたち
サルディニア恒例、勝者のダイブを行うTOYOTA GAZOO Racing WRTのメンバーたち
海に飛び込み笑顔を見せるセバスチャン・オジエ。隣にはヤリ-マティ・ラトバラ代表の姿も
海に飛び込み笑顔を見せるセバスチャン・オジエ。隣にはヤリ-マティ・ラトバラ代表の姿も