「ディーノ」が復活か!? フェラーリが1969年以来のV6モデル発売へ

■コードネーム「F171」、3.0リットルV6ツインターボ+電気モーターで700ps以上発揮

フェラーリは現在、V6エンジン搭載の新型プラグインハイブリッドモデルを開発しているとみられますが、その生産型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

フェラーリ V6ハイブリッド_006
フェラーリ 新型 V6ハイブリッド 市販型プロトタイプ

フェラーリがV型6気筒エンジンを搭載するのは、1967〜1969年まで発売された名車「Dino」(ディーノ)以来52年ぶりとなります。

コードネーム「F171」と呼ばれる新型スーパーカーは、電気モーターと連動する新開発の3.0リットル120度V型6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は700ps以上を発揮、そのうち110psは電気モーターから得ます。

EV航続距離は32km(20マイル)と予想されており、このパワートレインはブランド初のクロスオーバーSUV「プロサングエ」にも流用されると見られます。

フェラーリ V6ハイブリッド_013
フェラーリ 新型 V6ハイブリッド 市販型プロトタイプ

「SF90 Stradale」とは異なり、F171は後輪駆動で、電気モーターがパートタイム・ブースト、トルクフィル、アンチラグの役割を支援することのみを目的とすると言われています。

捉えた市販型プロトタイプはいくつかのダミーパネルがあるものの、これまでのテストミュールから一転、初めて量産型ボディで登場。

鋭くシャープなヘッドライトを装備、リアフェンダー前部にエアインテーク、その手前には電動モデルの注意を促すイエローステッカー、アグレッシブなリアディフューザーなども見てとれます。またその上部にはデュアルエキゾーストパイプが確認できますが、これはダミーで本物はセンターにあると予想されます。

F171のワールドプレミアは2021年内とみられ、市販型には「ディーノ」の名称も噂されています。市場では、マクラーレンの電動V6ハイブリッドスーパーカー、「アルトゥーラ」がライバルとなることは間違いありません。

(APOLLO)