レッドブル育成のビップスが2連勝。佐藤万璃音は15位完走【FIA-F2第3戦アゼルバイジャン レース3】

 6月6日(日)、2021年FIA-F2第3戦アゼルバイジャンのフィーチャーレース(決勝レース3)が開催され、ユーリ・ビップス(ハイテックGP)がレース2に続き2連勝を達成。佐藤万璃音(トライデント)は15位だった。

 スターティンググリッドは予選結果がそのまま反映される。ポールポジションはリアム・ローソン(ハイテックGP)、2番手にユーリ・ビップス(ハイテックGP)、3番手はオスカー・ピアストリ(プレマ・レーシング)、4番手にテオ・プルシェール(ARTグランプリ)と、トップ4はジュニアドライバーが占有。佐藤は19番手スタートだ。

 規定周回数は29周。1回のタイヤ交換が義務付けられ、スーパーソフトとミディアムが選択されている。薄曇りのバクー市街地サーキットは気温23度、路面温度は33度で路面はドライ。日本時間17時45分にフォーメーションラップをスタートし、決勝レースが開始となる予定が、ジャック・エイトケン(HWAレースラボ)とマッテオ・ナニーニ(カンポス・レーシング)がトラブルで出走できず。これでスタートがやり直しとなり2度目のフォーメーションラップを行った。

 ナニーニがリタイアとなり全21台、1周減算された28周の決勝レース3がスタートした。ホールショットはビップスが奪いトップ浮上。ローソンは後方から迫るプルシェールを激しくブロック、さらにピアストリと鍔迫り合いを演じターン2を通過する。

 また後方では4番手争いが激化。ターン3を、イン側からダニエル・ティクトゥム(カーリン)、プルシェール、マーカス・アームストロング(ダムス)の3台がスリーワイドで突入。3台はサイド方向に玉突きし、もっともアウト側にいたアームストロングがバリアにクラッシュ。プルシェールはエスケープに弾かれ、ティクトゥムもマシンにダメージを負い2台はピットイン。アームストロングとプルシェールはリタイアとなり、プルシェールは左手首を痛めた仕草を見せていた。

 これによりセーフティカー(SC)が2周に渡って導入され、ビップス、ピアストリ、ローソン、ラルフ・ボシュング(カンポス・レーシング)の順に3周目からレースはリスタート。ビップスが後方を引き離し、ローソンはピアストリとサイドバイサイドでターン1へ突入。その後ストレートで追い抜き2番手へ浮上する。

 後方でも何台か追い抜きはあったが接触なく全車1周を完了。首位のビップスをポールスタートのローソンが追い上げ、その差は0.8秒。しかしローソンは1周目にプルシェールとのバトルでライバルをコース外に押し出す走行をしたとして10秒加算ペナルティを受けてしまった。

 7周目、スーパーソフトでスタートしていたビップスが先陣を切ってタイヤを交換。ビップスの決断を皮切りに翌周にはローソンを含めスーパーソフトでスタートした多くのマシンがピットイン。ピットロードは混雑しアンセーフリリースと捉えられるシーンも見られた。なおローソンはこのタイミングでペナルティを消化している。

 これで実質トップのビップスは見た目上4番手、ピアストリが5番手となって9周目を消化。10周目にはタイヤを交換したロバート・シュワルツマン(プレマ・レーシング)がボシュングを交わして全体6番手に浮上した。

 14周目、実質2番手のピアストリにアンセーフリリースの裁定が下され5秒加算ペナルティが告知される。実質3番手のシュワルツマンは7.560秒後方のため、タイヤを労わりつつ差を縮められないペースでの走行を強いられる。

 序盤とは打って変わり中盤戦は平穏なレース展開に。21周目のホームストレートでは2番手を走るエイトケンをビップスがパス。そしてティクトゥムはこの周の終わりにピットインし、これでビップスが見た目上のトップに復帰。以下ピアストリ、シュワルツマン、ボシュングというオーダーで終盤戦に突入していく。

 24周目、フェリペ・ドルゴヴィッチ(ユニ・ヴィルトゥオーシ)がターン2先のストレートでボシュングを捉え4番手に浮上。一方の首位ビップスは1.533秒後方に5秒加算ペナルティを抱えるピアストリを従え、3番手のシュワルツマンとは10秒以上のマージンを築き残り3周へと進む。

 トップ3はこのまま順位変わらずフィニッシュ。ビップスが昨日のスプリントレース2に続く優勝を飾った。2位にはピアストリ、3位はシュワルツマンが入り選手権ポイントを大きく加算。ノーポイントに終わった選手権トップの周冠宇(ユニ・ヴィルトゥオーシ)との差を縮めている。佐藤は15位で完走した。

 選手権争いは、トップが周の78点。2番手にピアストリの73点、3番手にシュワルツマンの66点となった。次戦イギリスは7月16〜18日に開催される。

■FIA-F2第3戦アゼルバイジャン フィーチャーレース(決勝レース3) 暫定リザルト

Pos. No. Driver Team Time/Gap
1 8 J.ビップス ハイテックGP 28Laps
2 2 O.ピアストリ プレマ・レーシング 6.152
3 1 R.シュワルツマン プレマ・レーシング 12.623
4 4 F.ドルゴヴィッチ ユニ・ヴィルトゥオーシ 22.400
5 21 R.ボシュング カンポス・レーシング 24.418
6 7 L.ローソン ハイテックGP 26.207
7 6 J.ダルバラ カーリン 28.081
8 5 D.ティクトゥム カーリン 29.801
9 9 C.ルンガー ARTグランプリ 34.058
10 12 L.ツェンデリ MPモータースポーツ 36.167
11 22 J.エイトケン HWAレースラボ 36.993
12 14 D.ベックマン チャロウズ・レーシング・システム 39.973
13 3 周冠宇 ユニ・ヴィルトゥオーシ 37.934
14 11 R.フェルシュフォー MPモータースポーツ 48.793
15 16 R.ニッサニー ダムス 55.485
16 25 佐藤万璃音 トライデント 55.825
17 24 B.ビシュカール トライデント 56.970
18 23 A.デレッダ HWAレースラボ 1Lap
19 15 G.サマイア チャロウズ・レーシング・システム 1Lap
10 T.プルシェール ARTグランプリ DNF
17 M.アームストロング ダムス DNF
20 M.ナニーニ カンポス・レーシング DNF