MotoGP第7戦カタルーニャGP:クアルタラロが5戦連続のポールポジション獲得。中上貴晶はQ1突破ならず

 6月5日、MotoGP第7戦カタルーニャGPの予選がバルセロナ・カタロニア・サーキットで行われ、MotoGPクラスはファビオ・クアルタラロ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)が5戦連続となるポールポジションを獲得。中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)はQ1から予選に挑み、Q2進出ならず14番手だった。

 フリー走行3回目は気温28度、路面温度36度のドライコンディションで行われた。序盤からトップに立ったのはミゲール・オリベイラ(レッドブル・KTM・ファクトリーレーシング)。2番手にはフランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)、3番手にはマーベリック・ビニャーレス(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)がつける。

 20分を経過すると、3番手にはジョアン・ミル(チーム・スズキ・エクスター)が浮上した。さらに、25分すぎには中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)が2番手タイムを記録。残り時間15分でクアルタラロがトップに立つ。

 残り3分を切っても、クアルタラロがトップをキープ。オリベイラがタイムを更新するも、0.076秒差の2番手タイム。しかし、最後のアタックでモルビデリが1分38秒929を記録。クアルタラロのタイムを0.046秒更新し、モルビデリがこのセッションを制した。

 クアルタラロは2番手で、3番手はオリベイラ。4番手はフランセスコ・バニャイア(ドゥカティ・レノボ・チーム)、5番手はアレイシ・エスパルガロ(アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ)だった。

 最後のアタックでは、バレンティーノ・ロッシ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)がフリー走行3回目までの総合トップ10に滑り込んでQ2へのダイレクト進出を決めている。一方、ジャック・ミラー(ドゥカティ・レノボ・チーム)、またマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)や中上を含む全ホンダライダーがトップ10に入ることができず、予選をQ1から迎えることになった。

 フリー走行4回目はクアルタラロがトップ、2番手がビニャーレス、3番手はオリベイラ。4番手はセッション中に13コーナーで転倒を喫したザルコ、5番手はミルで、マルク・マルケスは6番手。中上は10番手だった。

2021年MotoGP第7戦カタルーニャGP ジョアン・ミル(チーム・スズキ・エクスター)
2021年MotoGP第7戦カタルーニャGP ジョアン・ミル(チーム・スズキ・エクスター)

■予選:クアルタラロが5戦連続のポール獲得

 予選は気温25度、路面温度38度と、午前中に行われたフリー走行3回目とあまり変わらない気温のなかでスタートした。Q1から挑むのは、ミラー、マルク・マルケス、ポル・エスパルガロ、中上などの面々である。前戦イタリアGPの予選Q1でビニャーレスの背後についてタイムを記録したマルク・マルケスは、今回は序盤からミラーの後ろを追いかける形でQ1をスタートした。

 前半のアタックを終えて、トップはミラー、2番手はイケル・レクオーナ(テック3・KTM・ファクトリーレーシング)。マルク・マルケスは5番手、中上は10番手につける。

 後半のアタックに入って間もなく、2番手につけていたレクオーナがタイムを更新しないまま激しく転倒。そうする間に中上がトップタイムをマークする。一方、ミラーは、再びマルク・マルケスに後追いされながらも、中上のタイムを上回るタイムを叩き出してトップに浮上。1分39秒153を記録した。

 そのすぐ後ろについて走ったマルク・マルケスは3番手に終わり、2番手に飛び込んだのはポル・エスパルガロ。ミラーとポル・エスパルガロがQ2進出を決めた。Q1を突破できなかったマルク・マルケスは13番手、中上は14番手から明日の決勝レースを迎える。

 迎えたQ2の前半のアタックでは、クアルタラロがトップタイムをマークし、モルビデリが2番手、ビニャーレスが3番手につけてヤマハライダーがトップ3を占める。一方、ロッシは4コーナーで転倒を喫する。

 一度ピットインし、適宜タイヤ交換を行って始まった後半のアタックでは、ミラーやオリベイラがタイムを更新。しかし、残り2分を切ってミラーが3コーナーで転倒、さらにポル・エスパルガロが10コーナーでクラッシュを喫して各区間でイエローフラッグが提示されることになる。

 こうしたなかで、最後のアタックではザルコが3番手タイムを記録した。トップは序盤に1分38秒853を記録したクアルタラロ。10コーナーが新たなレイアウトになったバルセロナ・カタロニア・サーキットで、このタイムがオールタイム・ラップ・レコードとなった。また、クアルタラロにとって5戦連続のポールポジション獲得だった。

 2番手はミラー。Q1を突破し、Q2では終盤に転倒を喫しながらもフロントロウに並んだ。3番手は最後のアタックでタイムを更新したザルコで、フロントロウのうちふたりがドゥカティライダーとなった。

 4番手はオリベイラ、5番手はモルビデリで、6番手はビニャーレス。7番手にはアレイシ・エスパルガロが続いた。アレックス・リンス(チーム・スズキ・エクスター)が欠場のために唯一スズキライダーとして参戦するジョアン・ミル(チーム・スズキ・エクスター)は10番手。

 Q2から予選に挑んだロッシはセッション序盤に転倒を喫して11番手だった。また、苦戦が続くホンダ勢は、ポル・エスパルガロがただひとりQ2に進出し、12番手だった。

2021年MotoGP第7戦カタルーニャGP予選 ファビオ・クアルタラロ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)
2021年MotoGP第7戦カタルーニャGP予選 ファビオ・クアルタラロ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)

2021年MotoGP第7戦カタルーニャGP ポル・エスパルガロ(レプソル・ホンダ・チーム)
2021年MotoGP第7戦カタルーニャGP ポル・エスパルガロ(レプソル・ホンダ・チーム)

2021年MotoGP第7戦カタルーニャGP マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)
2021年MotoGP第7戦カタルーニャGP マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)

2021年MotoGP第7戦カタルーニャGP バレンティーノ・ロッシ(ペトロナス・ヤマハSRT)
2021年MotoGP第7戦カタルーニャGP バレンティーノ・ロッシ(ペトロナス・ヤマハSRT)