フェラーリ育成のシュワルツマンが優勝。佐藤万璃音は戦略が実らず18位【FIA-F2第3戦アゼルバイジャン レース1】

 6月5日(土)、2021年FIA-F2第3戦アゼルバイジャンのスプリントレース1(決勝レース1)が開催され、ロバート・シュワルツマン(プレマ・レーシング)が今季初優勝。佐藤万璃音(トライデント)は18位だった。

 予選トップ10にリバースグリッドが適用されるレース1では、シュワルツマンがポールポジションを獲得。2番手にユアン・ダルバラ(カーリン)、セカンドロウは3番手に周冠宇(ユニ・ヴィルトゥオーシ)、4番手はラルフ・ボシュング(カンポス・レーシング)。佐藤は20番グリッドスタートとなった。

 周回数は21周。快晴のバクーは気温27度、路面温度51度と暑く、路面はドライ。タイヤ交換の義務はない。日本時間16時25分にフォーメーションラップが始まり、スプリントレース1がスタートした。

 2コーナーで10番手スタートだったリアム・ローソン(ハイテックGP)がオスカー・ピアストリ(プレマ・レーシング)との接触により壁にノーズから接触しその場でストップ。後方ではジャック・エイトケン(HWAレースラボ)がスピンしマシンはエスケープゾーンで停止してしまう。

 これが原因でセーフティカー(SC)が導入。また上記の3台が早々にリタイアする波乱のスタートとなった。ポイントランキング上位を争うローソンとピアストリにとっては痛恨のノーポイントに加え、レース2を下位グリッドからスタートする残念な結果となってしまった。

 SC中にはアレシオ・デレッダ(HWAレースラボ)もトラブルでリタイア。全18台となってレースは4周目、シュワルツマンを先頭にダルバラ、周、マーカス・アームストロング(ダムス)の順に再開する。上位4台は順位変動なく1コーナーを通過。後方では数台が順位を入れ替えるがトラブルなく全車1周を完了した。

 8周目、ダニエル・ティクトゥム(カーリン)がターン1でアームストロングを捉え4番手に浮上。その直後には周がDRSを使用し、2番手のダルバラをターン1手前で追い抜く。

 上位勢の接近戦は継続し、なかでもティクトゥムのペースがよく11周目にはダルバラをターン1で抜き去り3番手へ。最終コーナーを通過した頃には2番手の周に追いつき、フィニッシュラインを通過したあたりであっさりと料理。残るターゲットは4.536秒前方の首位シュワルツマンとなった。

 13周目、ペースが上がらずライバルとの差が縮まらない18番手の佐藤がピットインしミディアムタイヤへ交換。スーパーソフトタイヤでスタートする奇策を敢行していたが、結果的に前方とは40秒以上の差がついてしまった。

 上位勢はこのまま大きな順位変動はなくラスト2周へ突入。後方では6番手を走行していた第2戦モナコのフィーチャーレース勝者、テオ・プルシェール(ARTグランプリ)がアームストロングにターン1のブレーキングで追いつき、これをパスする。

 シュワルツマンは昨シーズン見せた無風の走りを披露しポール・トゥ・ウインで今季初優勝。2位にはティクトゥム、3位には周が入った。佐藤は18位フィニッシュでレースを終えた。

 選手権争いは周が78ポイントで首位。ファステストラップをもぎ取り5位フィニッシュしたプルシェールが55ポイントで2番手、ピアストリが52ポイントの3番手となっている。

 スプリントレース2(決勝レース2)は日本時間6月5日(土)の22時40分からスタートする。

■FIA-F2第3戦アゼルバイジャン スプリントレース1(レース1) 暫定リザルト

Pos. No. Driver Team Time/Gap
1 1 R.シュワルツマン プレマ・レーシング 21Laps
2 5 D.ティクトゥム カーリン 5.144
3 3 周冠宇 ユニ・ヴィルトゥオーシ 8.872
4 6 J.ダルバラ カーリン 10.352
5 10 T.プルシェール ARTグランプリ 11.039
6 21 R.ボシュング カンポス・レーシング 13.124
7 17 M.アームストロング ダムス 14.455
8 8 J.ビップス ハイテックGP 14.524
9 14 D.ベックマン チャロウズ・レーシング・システム 17.299
10 24 B.ビシュカール トライデント 17.764
11 9 C.ルンガー ARTグランプリ 19.738
12 11 R.フェルシュフォー MPモータースポーツ 21.064
13 12 L.ツェンデリ MPモータースポーツ 21.837
14 4 F.ドルゴヴィッチ ユニ・ヴィルトゥオーシ 25.849
15 20 M.ナニーニ カンポス・レーシング 35.970
16 16 R.ニッサニー ダムス 42.471
17 15 G.サマイア チャロウズ・レーシング・システム 49.289
18 25 佐藤万璃音 トライデント 1’31.300
2 O.ピアストリ プレマ・レーシング DNF
7 L.ローソン ハイテックGP DNF
22 J.エイトケン HWAレースラボ DNF
23 A.デレッダ HWAレースラボ DNF