元英国サッカー代表デイビッド・ベッカム、電動ヒストリックカーを手がける「ルナズ」の株式を10%取得 【動画】

元英国サッカー代表デイビッド・ベッカム、電動ヒストリックカーを手がける「ルナズ」の株式を10%取得 【動画】

成長を続けるEVコンバージョンへの大規模な出資

元サッカー英国代表のデイビッド・ベッカムが、急成長を遂げている電動クラシックカーのトップ企業「ルナズ(LUNAZ)」への大規模な出資を発表した。現在、英国を拠点とするルナズは様々な車両に独自の電動パワートレインを搭載し、世界中で販売。ベッカムを含む投資家グループからの大規模な支援が決まり、さらなる成長段階へと進むことになる。

今回、ベッカムはルナズの公開株式の10%を取得。彼に加えて、ルーベン・ファミリー、バークレイ・ファミリー、アレキサンダー・デラルが、ルナズへの出資を決定した。ベッカムは自身が運営する投資部門を通じて、eスポーツやスポーツリカバリー分野など様々な新興成長企業を発掘。資金的な支援を続けており、多くの投資が成功を収めている。

「ルナズは、テクノロジーとデザインの両方において、英国らしさを追求しています。私は機能向上と電動化によって最も美しいヒストリックカーを復元する彼らの仕事を通し、彼らに強く惹かれました。創業者のデイビッド・ロレンツとルナズの技術陣は、ここにしかない特別なクルマを作っています。彼らの成長の一端を担えることが楽しみです」と、ベッカムは今回のルナズへの出資理由を語っている。

元英国サッカー代表デイビッド・ベッカム、電動ヒストリックカーを手がける「ルナズ」の株式を10%取得

2019年の製造開始以来、急成長を遂げるルナズ

ルナズは、歴史的に貴重なヒストリックカーに搭載されている内燃機関を電動パワートレインに変更し、さらに機能を現代に通用するようアップグレードさせた最初の車両を2019年に製造して以来、まったく新しい価値観を創設してきた。さらに新たな世代にも時代が求めるゼロエミッションカーとして、ヒストリックカーを使用できる環境をもたらしている。

急激な成長を遂げている理由としては、都心における排ガス規制への対応として、ルナズ製ヒストリックカーに焦点が当たったことが大きいという。これまで世界初となるフルEV化されたレンジローバー、ベントレー、ロールスロイス、ジャガーをマーケットへとデリバリー。その結果、世界中のカスタマーから高い評価を得ることになった。

さらに、ルナズがコンバージョンを担当した1961年製ベントレー コンチネンタル フライングスパーは、BBCの人気テレビ番組『トップギア (Top Gear)』が選出する「エレクトリック・ビークル・アワード」を受賞している。

元英国サッカー代表デイビッド・ベッカム、電動ヒストリックカーを手がける「ルナズ」の株式を10%取得

ヒストリックカー以外の分野への進出も計画

ルナズは、英国の先進的な自動車技術の中心地であるシルバーストンに本社を置く。工業団地である「シルバーストン・テクノロジー・クラスター」で活動する新興企業のなかでも最も急速に成長しており、製造スペースと従業員数が最大を誇っている。

ルナズを立ち上げてCEOを務めるデイビッド・ロレンツは、ヒストリックカー以外に既存車両への電動化も進めている。

「私たちはクラシックカーだけでなく、既存の乗用車、産業車両、商用車をアップサイクルすることで、新車に代わる持続可能な選択肢を提供することができます。私たちのアプローチは運輸・公共交通機関企業の資金を節約できるだけでなく、脱炭素化に向けた世界的な動きの中で廃棄物を劇的に削減します」

「世界経済のいたるところで、責任感と商業性は相反するものではないことが証明されています。今回のようなトップレベルの投資家からのコミットメントは、リサイクルとクリーンエア・パワートレインに取り組むルナズの大きな後ろ盾となるでしょう」