角田裕毅、チームも満足の初日10番手「限界を探りつつ学習。間違いなくペースはいい」アルファタウリ・ホンダ/F1第6戦

 2021年F1アゼルバイジャンGPの金曜、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダの角田裕毅はフリー走行1=14番手(1分45秒384/25周)/2=10番手(1分43秒130/25周)だった。どちらのタイムもソフトタイヤで記録した。

 バクーでのキャリア初走行となった角田裕毅は、コースの習熟に努め、何度かコースオフする場面はあったが、しっかりと周回を重ねた。チーフレースエンジニアのジョナサン・エドルズは、「裕毅は我々が彼に求めたことをしっかり成し遂げ、FP2の終わりにはピエール(・ガスリー)とほぼ互角だった。FP3と予選ではさらにタイムを見つけることができるだろう」とポジティブな感想を述べている。

2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)

■スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ
角田裕毅 フリー走行1=14番手/2=10番手
 このサーキットではほとんどのコーナーでハードブレーキングが必要なので、ブレーキングゾーンでの自信を徐々に高めながら、少しずつペースを上げていくという意味でモナコに少し似ていると思います。何度かエスケープエリアに入ってしまうことはありましたが、限界を見つけるためのいい学びになりましたし、幸いにも壁にヒットすることもありませんでした!

 午前のセッションではやや苦しんだのですが、FP2では前進し、いい形で改善していくことができました。まだここからいくつか変えていきたい部分はありますが、ペース自体は間違いなくいいので、明日の予選ではすべてをうまくまとめていくだけだと思っています。