MotoGP第7戦:10コーナー改修後初のカタルーニャGP、初日総合トップはザルコ。中上貴晶は11番手

 6月4日、MotoGP第7戦カタルーニャGPのフリー走行1回目、2回目がスペインのバルセロナ・カタロニア・サーキットで行われ、ヨハン・ザルコ(プラマック・レーシング)が初日を総合トップで終えた。中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は11番手だった。

 カタルーニャGPには、ホルヘ・マルティン(プラマック・レーシング)が復帰。マルティンは、第3戦ポルトガルGPのフリー走行3回目の転倒負傷により前戦イタリアGPまで欠場していた。一方、6月3日、アレックス・リンス(チーム・スズキ・エクスター)がコース上での自転車トレーニング中に転倒し、右手橈骨を骨折。今大会を欠場することになった。

 少なくとも金曜日の時点でリンスの代役はエントリーしておらず、チーム・スズキ・エクスターはジョアン・ミルのみの参戦となっている。リンスは4日金曜日に右手の手術を受け、成功したことがチームにより発表された。

 また、バルセロナ・カタロニア・サーキットはランオフエリアの拡大のために2021年1月に10コーナーの改修工事が行われた。2020年までのレイアウトは角度がついたV字のようなレイアウトだったが、今回の改修で円に近いカーブのコーナーとなり、9コーナーから10コーナーにかけてのストレートが短くなっている。

 フリー走行1回目は気温25度、路面温度30度のドライコンディションで行われた。セッション序盤、トップに立ったのはフランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)。2番手にはポル・エスパルガロ(レプソル・ホンダ・チーム)、3番手にはアレイシ・エスパルガロ(アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ)がつける。

 上位の順位は変わらないままセッションは終盤に入った。残り3分を切って、アレイシ・エスパルガロが2番手のタイムを記録。その翌周にはモルビデリのタイムを上回り、トップに立つ。アレイシ・エスパルガロはそのままトップでフリー走行1回目を終えた。

 2番手はモルビデリ、3番手はポル・エスパルガロ。4番手にはマーベリック・ビニャーレス(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)がつけた。ビニャーレスについては、ヤマハ・モーター・レーシングにより6月3日、クルーチーフの変更が発表されており、エステバン・ガルシアに代わってシルヴァーノ・ガルブセラが新たにその任を担うことになった。

 5番手はザルコ、クアルタラロは6番手。中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は11番手だった。

■ヨハン・ザルコが初日総合トップに

 フリー走行2回目は気温27度、路面温度37度で始まった。このセッションでもモルビデリがトップタイムをマークする。2番手にはクアルタラロ、3番手にはマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)がつける。このセッションでも序盤以降の大きなタイム更新がないまま終盤の時間帯を迎えた。

 残り5分、前戦イタリアGPで今季初の表彰台を獲得したミゲール・オリベイラ(レッドブル・KTM・ファクトリーレーシング)が3番手に浮上する。さらにビニャーレスが2番手タイムをマーク。ビニャーレスはその翌周にもタイムを更新するが、モルビデリがそのタイムを上回る1分39秒256をマークして、再びトップに立つ。

 しかし、ヨハン・ザルコ(プラマック・レーシング)が最後のアタックでモルビデリのタイムを0.021秒更新。1分39秒235を記録し、フリー走行2回目をトップで終えた。2番手はモルビデリ、3番手にはクアルタラロというヤマハライダーふたりが続いた。

 4番手はブラッド・ビンダー(レッドブル・KTM・ファクトリーレーシング)、5番手はフランセスコ・バニャイア(ドゥカティ・レノボ・チーム)、ルーキーのエネア・バスティアニーニ(アビンティア・エスポンソラーマ)が8番手につけた。ホンダの最上位はポル・エスパルガロの10番手。中上は11番手、マルク・マルケスは15番手、唯一のスズキライダーとして参戦するミルは16番手だった。