佐藤万璃音は19番手もフリー走行中のクラッシュでグリッド降格【順位結果】FIA-F2第3戦アゼルバイジャン予選

 2021年FIA-F2第3戦アゼルバイジャン予選が6月4日(金)に開催され、レッドブル育成のリアム・ローソン(ハイテックGP)がトップタイムを記録しフィーチャーレース(決勝レース3)のポールポジションを獲得した。10番手タイムのロバート・シュワルツマン(プレマ・レーシング)はスプリントレース1(決勝レース1)をポールからスタートする。佐藤万璃音(トライデント)は19番手タイムだった。

 佐藤はフリー走行中、ターン15でクラッシュし右フロントサスペンションとフロントウイング右側を大きく破損。その後ターン16などピットレーンまでに設けられた5つのエスケープゾーンにマシンを退避させず自走してピットに戻った。これがコース上の安全を害する行為として判定され、レース1の3グリッド降格処分が科されている。

 またロイ・ニッサニー(ダムス)もフリー走行中にクラッシュ。こちらはマシンに深刻なダメージを与えており予選への出走が叶わず。レース1のスターティンググリッドは今後決定する。決勝レース1は日本時間5日(土)の16:25に開始される。

ポールポジションを獲得したレッドブル育成のリアム・ローソン(ハイテックGP)
ポールポジションを獲得したレッドブル育成のリアム・ローソン(ハイテックGP)

■FIA-F2第3戦アゼルバイジャン 予選 暫定リザルト

Pos. No. Driver Team Time
1 7 L.ローソン ハイテックGP 1’54.217
2 8 J.ビップス ハイテックGP 1’54.355
3 2 O.ピアストリ プレマ・レーシング 1’54.508
4 10 T.プルシェール ARTグランプリ 1’54.639
5 5 D.ティクトゥム カーリン 1’54.830
6 17 M.アームストロング ダムス 1’54.914
7 21 R.ボシュング カンポス・レーシング 1’54.962
8 3 周冠宇 ユニ・ヴィルトゥオーシ 1’55.112
9 6 J.ダルバラ カーリン 1’55.122
10 1 R.シュワルツマン プレマ・レーシング 1’55.161
11 4 F.ドルゴヴィッチ ユニ・ヴィルトゥオーシ 1’55.173
12 9 C.ルンガー ARTグランプリ 1’55.245
13 14 D.ベックマン チャロウズ・レーシング・システム 1’55.336
14 22 J.エイトケン HWAレースラボ 1’55.651
15 24 B.ビシュカール トライデント 1’55.658
16 11 R.フェルシュフォー MPモータースポーツ 1’55.988
17 20 M.ナニーニ カンポス・レーシング 1’56.463
18 12 L.ツェンデリ MPモータースポーツ 1’56.579
19 25 佐藤万璃音 トライデント 1’57.539
20 15 G.サマイア チャロウズ・レーシング・システム 1’57.793
21 23 A.デレッダ HWAレースラボ 1’58.264
16 R.ニッサニー ダムス Not Classified