トヨタ、世界耐久選手権参戦100戦目となるメモリアルレースに挑む/WEC第2戦ポルティマオ

 WEC世界耐久選手権に参戦するトヨタGAZOO Racing(TGR)は、6月11〜13日に行なわれる第2戦ポルティマオ8時間レースにおいて更なるライバルを迎え、トヨタの耐久レース参戦史に新たな歴史の1ページを刻む。

 ポルトガル・ポルティマオ近郊に位置するアルガルベ・インターナショナル・サーキットで開催されるこのイベントは、トヨタが世界レベルのスポーツカー耐久レースシリーズに参戦を開始して以来、記念すべき100戦目のレースとなる。

 1983年の富士1000kmレースでトヨタ・トムス83Cがデビューして以来、トヨタのプロトタイプレーシングカーは、これまで世界耐久選手権を99戦にわたって戦ってきた。

 5月1日に行なわれた2021年開幕戦スパ・フランコルシャン6時間レースにおいて、ル・マン・ハイパーカー(LMH)での歴史的勝利を飾ったTGRは、アルピーヌ・エンデュランス・チームに加え、新たなライバルとして今大会に1台が出場するスクーデリア・キャメロン・グリッケンハウスと、ハイパーカー・クラスで競い合うことになる。

 開幕戦スパで勝利を挙げた8号車GR010ハイブリッドのセバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/ブレンドン・ハートレーはドライバーズランキングで首位につけ、ディフェンディングチャンピオンである7号車GR010ハイブリッドのマイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペスは同3位からタイトル防衛を目指す。

■トヨタの“最多勝男”はセバスチャン・ブエミ

 WEC初開催となる今回のポルティマオは、トヨタにとってスポーツカーレースの世界選手権を戦う21カ所目のサーキットとなる。

 トヨタが参戦した初レースの1983年富士1000kmレースはポルシェ956を駆るデレック・ベルとステファン・ベロフが制し、トヨタ初のグループC専用車、トヨタ・トムス83Cは星野薫と松本恵二、そして後に日本人初のル・マンウイナーとなる関谷正徳のドライブにより、9位でフィニッシュ。トヨタ・トムス83Cで同レースにエントリーしていたデレック・ダリー、ジェフ・リース、鈴木利男組の車両は練習走行中にクラッシュし決勝には出場できなかった。

 その後、トヨタは懸命な努力とチームスピリットにより改善を続け、成績とパフォーマンスが徐々に向上。シリーズフル参戦3年目となる1992年のモンツァで、TS010によって世界耐久選手権で初勝利を達成した。

 この初勝利以来、トヨタのチームで世界耐久選手権に最も多く出場し、最多の勝利を挙げているのはブエミで、これまで60戦に出場し、18勝を挙げている。

1985年、トヨタにとっての初のル・マン24時間レースを走るトヨタ・トムス85C-L
1985年、トヨタにとっての初のル・マン24時間レースを走るトヨタ・トムス85C-L

2014年WEC富士戦のトヨタTS040ハイブリッド
2014年WEC富士戦のトヨタTS040ハイブリッド

 トヨタはこれまで、99戦にわたる世界耐久選手権への参戦のうち、半数以上の56戦で表彰台に上がり(78回)、31勝を挙げている。チームの目標は来るポルトガルでこの数字をさらに増やすことだ。

 ポルティマオでの世界耐久選手権は初開催だが、TGRにとっては親しみ深いサーキットでもある。ポルトガルのアルガルベ地方に位置する全長4.684kmのこのコースでは、ここ数年、チームが定期的に耐久テストを行なってきた。直近では昨年12月、GR010ハイブリッドの初めての耐久テストもここで行なわれた。

■グリッケンハウスの初参戦を「心より歓迎」

「我々は常に次の挑戦、次の勝利、次の技術革新のために未来を見据えていますが、トヨタの耐久レースにおける歴史を振り返ると感慨深いものがあります。TGRのチーム全員が、参戦100レース目という記念すべき歴史の一員であることを誇りに思っています」と語るのは、トヨタGAZOO Racingの村田久武WEC チーム代表。

「今までの歴史、レース参戦に多大な貢献をしてきた先駆者たちへの思い、そして、今までのエキサイティングなレースやそれに伴ってきた多くの課題といったことを振り返る機会を、今回の記念レースが与えてくれると思っています」

「100戦目のレースを祝うとともに、我々はジム・グリッケンハウス氏と彼のチームのWEC初挑戦を心より歓迎します」

「そして、彼らの参加によって、ファンの皆様にとってもレースがエキサイティングなものになることを望んでいます。競争が熾烈なハイパーカーカテゴリーにおいて、今年はグリッケンハウスとともに戦っていきますが、今後アウディ、フェラーリ、プジョー、ポルシェも加わってきます」

「次の挑戦への準備はできていますが、開幕戦スパでは改善点も見つかり、この数週間、ポルティマオへ向けた準備のため、信頼性向上とオペレーション強化のためにハードワークを継続してきました」

2021年WEC開幕戦スパ・フランコルシャン6時間レース
2021年WEC開幕戦スパ・フランコルシャン6時間レース

■小林可夢偉「ライバルの存在は、よい指標となる」

 WEC第2戦ポルティマオ8時間レースに向けたトヨタGAZOO Racing WECチームドライバーのプレビューコメントは、以下のとおりだ。

■7号車トヨタGR010ハイブリッド

●小林可夢偉
「ポルティマオのコースは走行テストで走っているのでよく知っていますが、レースとして他の車両と走った経験はありません」

「しかし、厳しいシーズンスタートのあと、準備を充分にしてきました。ハイパーカーカテゴリーの新たなライバルの参戦をうれしく思います。ライバルの存在は、我々がどの位置にいるのか、ル・マンへ向けて何をすべきか示す良い指標になります。エキサイティングな上位争いができることを期待しています」

●マイク・コンウェイ
「WECのシーズンが本格的に始まり、レースシーズンのリズムに戻れたのは素晴らしいことだ。このレースが我々にとっての世界チャンピオン防衛に向けた本来のスタートになることを望んでいるし、とても楽しみにしている」

「開幕戦スパではGR010ハイブリッドについて多くのことを学んだので、それを活かしてポルティマオに臨み、改良を続けて行く。苦戦したプロローグのあと、スパの決勝レースでは勝てるだけの素晴らしいポジションにつけられたが、勝利は叶わなかった。それ故に、ポルティマオでは目標はひとつだ」

●ホセ・マリア・ロペス
「ポルティマオはすでにGR010ハイブリッドの走行テストで走っているので、スパに比べれば、準備という点で若干進んでいると思う」

「雰囲気の良いコースで、ポルトガルは天候も安定しているだろう。このコースで好きなのは中間セクションで、アップダウンが激しく、まるでジェットコースターのようなので、常に何が起こるか分からず、気が抜けない」

「とてもチャレンジングなコースなので、GR010ハイブリッドでレースをするのが待ち遠しい」

トヨタの世界耐久選手権参戦の歴史のなかで最多勝を挙げているセバスチャン・ブエミ
トヨタの世界耐久選手権参戦の歴史のなかで最多勝を挙げているセバスチャン・ブエミ

■8号車トヨタGR010ハイブリッド

●中嶋一貴
「初のハイパーカーでの勝者として歴史に名を残すことができたのはとても嬉しいことですが、スパはシーズンスタートの1戦に過ぎず、GR010ハイブリッドとともに更なる勝利を目指していきます」

「ポルティマオは、我々の真のライバルとなるグリッケンハウスが参戦することもあり、興味深いレースになるでしょう」

「接戦となり、簡単な週末にならないことは間違いないですが、ハイパーカー同士のバトルはエキサイティングなものになるでしょうし、再び表彰台の中央に立つべくプッシュしていきます」

●セバスチャン・ブエミ
「トヨタの耐久レース参戦の歴史の中で最多勝利を飾ってきたということはもちろん光栄だし、さらに勝利を重ねて行きたいと思っている」

「今回、トヨタの世界耐久選手権参戦100戦目という記念すべきレースが迎えられたことは素晴らしいと思う。しかし、僕の目標はすでに未来に向かっており、次のレース、そして何と言ってもル・マンだ」

「その次に重要な今大会ポルティマオは、プロローグがあったスパよりも走れる時間が少ないので、正しいセットアップをいち早く見出し、練習走行で多くの情報を得なければならない。連勝へ向けて全開でアタックする」

●ブレンドン・ハートレー
「GR010ハイブリッドとともにポルティマオでレースを戦うのが楽しみだ」

「とくに今大会は新たなハイパーカーカテゴリーでのライバルも出てくる。他のハイパーカーとGR010ハイブリッドを直接比較できるのは良いことだ」

「いつもならル・マンへ向かっている時期なので、6月半ばにポルトガルに向かうというのはちょっと不思議な気分だが、8月に移った最大のイベントであるル・マンへ向けての準備という点においても重要なステップだし、スパでの勢いを維持しプッシュしていく」