アゼルバイジャンGP FP1:フェルスタッペンがトップタイム。フェラーリのルクレール、サインツが続く

 2021年F1第6戦アゼルバイジャンGPのフリー走行1回目が行われ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスは4番手、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは6番手、角田裕毅は14番手となっている。

 F1が2年ぶりにアゼルバイジャンに戻って来た。シーズン第6戦はアゼルバイジャンの首都バクーの市街地サーキットで開催される。初日は雲ひとつない快晴。現地時間午後12時半からのFP1は、気温26度、路面温度48度という比較的高温のコンディションで始まった。今のところは週末を通じて、晴天が続く予報だ。

 タイヤはC3、C4、C5の最も柔らかいコンパウンド。最終セクター3で2kmのストレートを有するなど、同じ市街地でもモナコとは比較にならないパワーサーキットだが、タイヤの横方向への負荷や摩耗には厳しくなく、モナコと同じタイヤチョイスとなっている。

 セッション前半は、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が速さを見せた。開始後15分からいち早くソフトタイヤを履き、真っ先に1分43秒台に突入した。ハードタイヤのフェルスタッペンが、約1秒落ちで2番手に付けている。その後フェルスタッペンはミディアムタイヤに履き替え、低速セクター2で最速。首位ハミルトンとの差を0.2秒まで詰めた。

 開始後27分、ハードタイヤで周回を重ねていた角田が、ターン4手前でわずかに壁にヒットし、エスケープゾーンに逃れた。そこからのコース復帰に手間取ったものの、何とか自力でピットに向かった。

 セッション後半は、各マシンが次々にソフトでコースに出ていった。マクラーレンのダニエル・リカルドが、ハミルトンを0.161秒しのぐ1分43秒732でトップに立った。直後にチームメイトのランド・ノリスがセクター1、2と区間最速タイムを出し続けたが、セクター3のターン16立ち上がりでスピン、首位奪還はならなかった。

 その間にフェラーリのシャルル・ルクレール、カルロス・サインツが1、2タイムをマーク。フェラーリはモナコに続いて、好調に見える。遅れてソフトに履き替えたフェルスタッペンは、遅いクルマに詰まりながらも、1分43秒184でトップに。2番手ルクレールとは、0.043秒の僅差だ。

 終盤にはニキータ・マゼピンがターン16でアウト側の壁にヒット、直後にミック・シューマッハーがターン4でオーバーランと、ハースのルーキーふたりが黄旗を出した。

 FP1はフェルスタッペンがトップ、フェラーリ2台が2、3番手を占め、4番手にペレス。リカルド5番手、ガスリー6番手。メルセデス勢はハミルトンがフェルスタッペンからコンマ7秒落ちの7番手、バルテリ・ボッタスは10番手に留まった。角田はチームメイトのガスリーから1.6秒遅れの14番手ながら、リカルドに並ぶ最多25周をこなした。

シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)
セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)
フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)