「HKSが2.8Lキットの究極進化系『ステップ3』を発表」ターゲットは900馬力&9000rpmだ!

「HKSが2.8Lキットの究極進化系『ステップ3』を発表」ターゲットは900馬力&9000rpmだ!

ボアストロークは87φ×77.7mm

ビッグタービンとの組み合わせを想定したハイエンドキット

RB26DETTのチューニングパーツを精力的に展開するHKS。主力の2.8Lキャパシティアップグレードキットは、ピックアップ重視の「ハイレスポンス」やビッグシングルターボ前提の「ステップ2」など計4タイプをリリースしているが、そこに新たな仲間が加わることとなった。それが“究極の高出力化対応”をコンセプトに掲げる「ステップ3」だ。

対応出力900ps、許容回転数9000rpmとされたこのキット。ピストンはステップ2までの鍛造品とは異なり、高温での強度に優れるジュラルミンA2618材から削り出した逸品だ。ステップ2用が約400gなのに対し、このピストンは324gまで重量を追い込んでいる。トラス構造の採用で剛性アップしている他、2層モリブデンコートで初期なじみ性とフリクション低減を図っているのもポイントだ。

H断面コンロッドは従来品(ステップ2)と同形状だが、ピン径を21mmから22mmと太くすることで、高負荷に耐えられる設計としている。高強度化を狙って表面にはWPC処理も施される。

クランクシャフトは鍛造の削り出しとしつつ、カウンターウエイトにはバランス率に優れるフルカウンター式を採用。材質は窒化鋼で、イオン窒化処理を行うことにより耐久性を大幅に高めている。

これらのムービングパーツが組み合わさることで、HKSの2.8Lキャパシティアップグレードキット・ステップ3は完成する。価格は209万円。究極のRB26DETTとは何か? それを理論的に検証していった末に完成した逸品なのだ。

●問い合わせ:エッチ・ケー・エス TEL:0544-29-1235