プジョー、旗艦『508/508SW』にPHEVモデルを導入。グレードも“GT”に統一へ

 2019年に上陸を果たし、プジョーの新世代デザイン言語へと刷新された旗艦モデル『508』と『508SW』に、プラグインハイブリッド(PHEV)モデルの『508 GT HYBRID/508SW GT HYBRID』が登場。この追加設定に合わせてPHEVモデルを含む全車にナッパレザーシートを標準化するとともに、既存ラインアップも“GT”グレードに統一し、改めてガソリン、ディーゼル、PHEVというパワープラントで選択できる“パワー・オブ・チョイス”コンセプトを明確に打ち出す体系とされた。

 ヘッドライトから下に伸びるセイバー(サーベルの意)と呼ばれるデイタイムランニングライトが特徴的な新世代マスクを採用した現行『508』は、主力プラットフォームであるEMP2やi-Cockpitを採用した、流麗な4ドアファストバックのスタイルで登場した。

 その『508』と『508SW』としては最強となるパワートレインが今回のPHEVモデルとなり、180PSの1.6Lガソリンエンジンに、110PSの電動モーターを搭載し、システムトータル出力225PS/360Nmを発揮。さらにトルクコンバーターの代わりに湿式多板クラッチを用いたPHEV専用8速オートマチックe-EAT8を組み合わせている。

 容量11.8kWhのリチウムイオンバッテリーは後席下に効率良く配置され、後席の居住スペース、ラゲッジルームフロア上スペースは純内燃機関モデルと同一という高いスペース効率を誇る。

 また、欧州型PHEVの例に違わずバッテリーのみで走行できるエレクトリックモードも設定し、ドライバーが任意に選べる4つのドライブモードを搭載。

 エネルギー効率の良いハイブリッドモードや、アクティブサスペンションの減衰力セッティングを変更するコンフォートモードに加え、ダイナミックな走行のためにエンジン主体で駆動するスポーツモードでは、シフトアップタイミングを遅らせエンジンの出力を引き出し、アクセルレスポンス、ギヤシフトタイミング、ステアリングの総打力などをスポーツ走行向けに統合制御。アクティブサスペンションも減衰力を高め、姿勢変化をさらに抑えるセッティングとなっている。

今回のPHEVモデルは、180PSの1.6リッターガソリンエンジンに、110PSの電動モーターを搭載し、システムトータル出力225PS/360Nmを発揮
今回のPHEVモデルは、180PSの1.6リッターガソリンエンジンに、110PSの電動モーターを搭載し、システムトータル出力225PS/360Nmを発揮
ドライバーが任意に選べる4つのドライブモードを搭載し、エレクトリックモードでは、最高速度135km/h、EV走行換算距離はWLTCモードで56kmという高いピュアEV性能を誇る
ドライバーが任意に選べる4つのドライブモードを搭載し、エレクトリックモードでは、最高速度135km/h、EV走行換算距離はWLTCモードで56kmという高いピュアEV性能を誇る

■“セットオプション”を設定することで選択肢をシンプルに

 そして電力のみで走行するゼロエミッションのエレクトリックモードでは、最高速度135km/h、EV走行換算距離はWLTCモードで56kmという高いピュアEV性能を誇り、アクセルを深く踏み込んだ際は自動的にエンジンも稼働するなどフレキシブルな設定が採用される。

 バッテリーへの充電は普通充電のみに対応し、200V/3kWで約5時間、200V/6kWで約2時間半で満充電に。スマートフォンのアプリを利用したeリモートコントロールというPHEVならではの機能も実装し、無料のMyPeugeotアプリ(iOSおよびAndroid OSに対応)の操作によりリモートチャージングとプリコンディショニングの操作が可能となっている。

 また、可変ジオメトリータービンを採用した定評のDW10型2.0LのBlueHDiクリーンディーゼル(177PS/400Nm)と、こちらも名器と謳われるEP6型1.6L PureTechターボガソリン(180PS/250Nm)ともにグレード体系をGTに一本化したことにより、従来オプションだったナッパレザーシートを全車標準化。

 合わせて新パッケージオプションとしてナイトビジョン、フルパークアシスト、360°カメラ、パノラミックサンルーフのセットを設定したことで、純粋にパワートレインの好みとパッケージオプションの有無を選択するというシンプルなチョイスが可能となった。

 充実のADAS(先進運転支援システム)などはそのままに、ボディカラーはともに専用色を含む全6色が用意され、価格は『508』が513万1000〜607万8000円。『508SW』が538万9000~633万6000円(いずれも消費税込み)となっている。

既存ラインアップも“GT”グレードに統一し、改めてガソリン、ディーゼル、PHEVというパワープラントで選択できる“パワー・オブ・チョイス”コンセプトを明確に打ち出す体系とされた
既存ラインアップも“GT”グレードに統一し、改めてガソリン、ディーゼル、PHEVというパワープラントで選択できる“パワー・オブ・チョイス”コンセプトを明確に打ち出す体系とされた
合わせて新パッケージオプションとしてナイトビジョン、フルパークアシスト、360°カメラ、パノラミックサンルーフのセットを設定した
合わせて新パッケージオプションとしてナイトビジョン、フルパークアシスト、360°カメラ、パノラミックサンルーフのセットを設定した

プジョーコール TEL:0120-840-240
プジョーホームページ:https://www.peugeot.co.jp/