これが噂の「EVO」か!? ランボルギーニ ウルス、670馬力の高性能モデルがニュルを疾走

■670ps越えは確実か? 最強ランボルギーニ ウルス参上!

ランボルギーニは、クロスオーバーSUV「ウルス」改良型を現在開発していますが、その高性能モデルとなる「ウルス EVO」市販型プロトタイプをカメラが捉えました。

ランボルギーニ ウルス_001
ランボルギーニ ウルス 改良型 EVO プロトタイプ

ウルスは2018年に初登場、2020年には4,291台が納車された同ブランドにおいて、総売上の半分以上を占めるベストセラーモデルへと成長しています。そして発売から3年が経過、初の大幅改良が執行されると同時に、EVOモデルが追加されると思われます。

ランボルギーニ ウルス_008
ランボルギーニ ウルス 改良型 EVO プロトタイプ

改良型では、グリル、エアインテークを含むフロントバンパーを新設計、グリルやコーナーエアインテークには水平基調のバーが追加されていることがわかるほか、ヘッドライトやテールライトのグラフィックも刷新される予想されます。

一方、ニュルブルクリンクに出現したプロトタイプは、ボディが若干膨らんでいる様子が伺えるほか、レッドブレーキキャリパー、フェンダーフレア、より大きなサイドスカート、リアのディフューザーを装着しています。

それらから判断すると、トラックに焦点を当てたモデルとなる可能性もありそうで、その場合、より硬いサスペンションセットアップと、より強力なブレーキが装備されるはずです。

キャビン内では、インフォテインメントシステムがアップデートされるほか、最新の運転支援技術の投入、トリムのリフレッシュ程度に収まると予想されます。

現行型パワートレインは、4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載、最高出力は641ps、最大トルク850Nmを発揮し、8速ATギアボックスと組み合わされます。また最高速度は305km/h、0-100km/h加速3.6秒のパフォーマンスを持ちますが、EVOモデルでは、新しいECUソフトウェアなどにより、最高出力が670psを超え、0-100km/h加速は3.5秒以下のパフォーマンスも期待されています。

さらに先日は、ランボルギーニが2024年までに全モデルを電動化することを発表、ウルスにも最高出力820ps程度と噂されるプラグインハイブリッドモデルが設定されると予想されている。

(APOLLO)