ドゥカティとプラマックが2024年まで3年間契約を更新。ファクトリーサポートも継続

 5月27日、ロードレース世界選手権のMotoGPクラスに参戦しているプラマック・レーシングは、ドゥカティ・コルセとの間で、2022年から2024年まで3年間の契約延長に関して合意したことを発表した。

 プラマック・レーシングは2005年からドゥカティのサテライトチームとしてMotoGPクラスに参戦しているチームだ。

 2021年はヨハン・ザルコとホルヘ・マルティンを起用しているが、昨年まで同チームから参戦していたジャック・ミラーとフランセスコ・バニャイアはファクトリーのドゥカティ・レノボ・チームに昇格した。

2021年MotoGP第2戦ドーハGP 2位:ヨハン・ザルコ、3位:ホルヘ・マルティン(プラマック・レーシング)
2021年MotoGP第2戦ドーハGP 2位:ヨハン・ザルコ、3位:ホルヘ・マルティン(プラマック・レーシング)

 また、ここまで行われた5戦でザルコが3度、マルティンが1度の表彰台を獲得しており、チーム出身のミラーとバニャイアも表彰台に上っている。

 そんなプラマック・レーシングは27日に、ドゥカティとのパートナーシップを3年間延長し、少なくとも2024年までドゥカティ デスモセディチGPを使用することが決まった。

 そして、今後も最新型のファクトリーマシンの供給を受け、ファクトリーのサポートが継続される。

2021年MotoGP:ホルヘ・マルティンとヨハン・ザルコ(プラマック・レーシング)
2021年MotoGP:ホルヘ・マルティンとヨハン・ザルコ(プラマック・レーシング)

 プラマック・レーシングの代表を務めるパオロ・カンピノッティは「ここ数年間、ドゥカティとともに達成してきた結果や仕事を非常に誇りに思っている。来年から3年間もこの素晴らしい冒険を続けられることを嬉しく思っている」とコメントした。

「我々はドゥカティと非常に特別な関係を築き、信じられないほどの目標を達成してきたが、最高の時はこれから来るだろう」

 ドゥカティ・コルセのスポーティングディレクターを務めるパオロ・チャバッティは「来年から3年間、MotoGPに向けてプラマック・レーシングとパートナーシップを更新したことを発表でき大変嬉しく思う」と語った。

「プラマック・レーシングとの協力関係のおかげで、ヤングライダーを育てることができ、その後にファクトリーチームで素晴らしい結果を残してきた。プラマック・レーシングと一緒に多くの満足感を味わうために必要なものを持っていると確信している」