ポルシェの電気自動車オーナー向けに『ターボチャージングステーション』が虎ノ門ヒルズに開設

 ポルシェジャパンは5月28日、同社の電気自動車オーナー向けに『ポルシェターボチャージングステーション』を東京都港区の虎ノ門ヒルズに同日より開設すると発表した。

 ポルシェターボチャージャージングステーションは、先駆的技術のリーダー的存在でもあり、フォーミュラE世界選手権ではシリーズのタイトルスポンサーとしておなじみのABB社とポルシェが共同で開発したものだ。

 そんな両者が共同開発した急速充電器は、国内でもっともパワフルな150kWの出力を誇り、ポルシェ初のフル電動スポーツカー『タイカン』の車載バッテリーをおよそ30分で80%、走行距離にして300km分まで充電することが可能になっている。

『ポルシェターボチャージングステーション』で充電を行うポルシェ・タイカン
『ポルシェターボチャージングステーション』で充電を行うポルシェ・タイカン

 現在、ポルシェターボチャージャージングステーションは都市型インフラとしてLINKS UMEDA、あべのハルカス、ヒルトン名古屋、ナゴヤセントラルガーデンにてすでに稼働しており、今回開設された虎ノ門ヒルズは国内で5カ所目、都内では初の充電施設となる。

 ポルシェジャパンは、最大150kW級の出力を誇る急速充電器を始めとする独自の充電ネットワークを日本全国で展開しており、設置施設を順次拡大する。

 また2021年4月末時点で、日本国内のポルシェセンターのうちの28拠点でポルシェターボチャージングステーションと同規格のDCチャージャーが稼働しており、2023年末までにはすべてのポルシェセンターでの設置が完了する予定だという。

 ポルシェジャパンによる電気自動車の充電ネットワークに関する詳細は公式ホームページ(https://www.porsche.co.jp/sp/charging/)を確認してほしい。

ポルシェとABBが共同で開発した急速充電器
ポルシェとABBが共同で開発した急速充電器

■虎ノ門ヒルズ ポルシェターボチャージングステーション設置場所

・住所:東京都港区虎ノ門1-23-3 虎ノ門ヒルズ 森タワー B3駐車場内
・充電器数:ポルシェターボチャージャー150kW 2基(現在90kW運用、2021年後半より150kW運用予定)
・充電可能時間:24時間365日(※施設点検日を除く)