「M Performance」設定! BMWの電気SUV「iX3」が大幅改良へ

■デュアルモーターを搭載、全輪駆動「xDrive」で走りが強化

BMWの主力クロスオーバーSUV「X3」のフルエレクトリックバージョンとなる、「iX3」改良型の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

BMW iX3_006
BMW iX3 改良型 プロトタイプ

ベースとなるX3は現行型が2017年に登場、現在改良型が開発終盤を迎えています。一方、iX3は2020年7月に発表、10月から生産が開始されたばかりですが、早くもLCI(ライフサイクルインパルス)に着手しているようです。

フェイスリフトには時期尚早の気もしますが、どうやらエクステリアデザインを統一させたい考えがあるようです。

BMW iX3_011
BMW iX3 改良型 プロトタイプ

またiX3はシングルモーター、後輪駆動のセットアップでデビューしましたが、メルセデス・ベンツ「EQC」や、アウディ「e-tron」など、全輪駆動とデュアル、またはトリプルモーターを持つ競合他社と比較すると物足りなさを感じ、同レベルで対抗したいのも理由にあるでしょう。

ミュンヘンで捉えたプロトタイプは、フロントドア、およびリアバンパーに「Electric Test Vehicle」のステッカーを貼り、いくつかのアグレッシブなデザインを備えているように見えるため、デュアルモーターの「iX3 M Performance」の可能性が高いです。

パワートレインには、強力なモーターが1つしかない通常の「i4」とは異なり、2つの永久磁石モーターを搭載している「i4 M Performance」と共有する可能性がありそうです。

改良型では、ヘッドライト、LEDデイタイムランニングライト、LEDテールライトのグラフィックが刷新されるほか、バンパーも新設計されると思われます。

シングルモーターのパワートレインは、80kWhのリチウムイオンバッテリーパックを搭載し、最高出力282hp・最大トルク400Nmを発揮。1回の充電ではWLTPサイクルで最大460km(285km)の航続距離を誇ります。また0-100km/h加速は6.8秒・最高速度180km/h(リミッター作動)のパフォーマンスがキャリーオーバーされる見込みですが、やはり注目は「M Performance」で、デュアルモーターを搭載、全輪駆動「xDrive」で走りが強化されます。

BMWはX3改良型を年内にデビューさせ、その後強力なX3Mを投入、「iX3」はファミリーLCIの最後を飾る形で2022年内にデビューすることが予想されています。

(APOLLO)