アルピーヌA110Sに現代アーティストとのコラボモデル登場。スピード感を表現するグラフィック

 5月21日、アルピーヌはF1モナコGPにおいてアルゼンチン出身の現代アーティスト、フェリペ・パントンとコラボレーションした『ALPINE A110×FELIPE PANTONE(アルピーヌA110×フェリペ・パントン)』を発表した。

 スペインのバレンシアを拠点に活動しているパントンの作品は、『大胆な色、幾何学的なパターン、オプティカルアート(目の錯覚を使用するビジュアル)要素の使用』が特徴とされている現代アーティストだ。

 そんなパントンとアルピーヌのコラボレーションによって生まれたアルピーヌA110×フェリペ・パントンは、A110のハイパフォーマンスモデルである“A110S”がベースとなっている。

“究極のハンドリング”を目指して開発されたシャシーはA110と同じく軽量・コンパクトなアルミニウムボディを採用しているものの、その足回りでは高剛性スプリングと最適化されたダンパー、軽量化したアンチロールバーなどが新たに導入されている。また、シート高を4mm下げることでクルマの重心を最適化し、ベースモデルよりも優れた高速安定性と素早いステアリングレスポンスを実現している。

 そして、コクピット後部に配置される1.8リットル直列4気筒エンジンもベース車と同じながら、ターボチャージャーの過給圧を0.4バール引き上げることで、40馬力のパワーアップを果たし最高出力は292psを発揮する。

 パントンは、このアルピーヌが誇る高性能スポーツカーをベースに、A110が持つフォルムをさらに際立たせ、スピード感を表現する鮮やかなグラフィックを施した。グラフィックの塗装はパントンが自ら手作業で仕上げたもので、完成まで数週間を要したという。

 このアルピーヌとパントンのコラボレーションモデルは4台が製作され、そのうちの3台が12万5000ユーロ(日本円でおよそ1673万円)で販売されるとのことだ。なお、残念ながら日本での販売は予定されていない。

『ALPINE A110×FELIPE PANTONE』のフロント
『ALPINE A110×FELIPE PANTONE』のフロント
コラボレーションモデルのサイドにはスピード感を表現する鮮やかなグラフィックが施された
コラボレーションモデルのサイドにはスピード感を表現する鮮やかなグラフィックが施された
アルピーヌA110×フェリペ・パントンのスタジオショット
アルピーヌA110×フェリペ・パントンのスタジオショット
アルピーヌA110×フェリペ・パントンとフェリペ・パントン
アルピーヌA110×フェリペ・パントンとフェリペ・パントン