日産デイズがJNCAPにおいて軽自動車初の5つ星の「ファイブスター賞」を獲得

■三菱eKワゴン/eKクロス、ダイハツ・タフト、スズキ・ハスラーは4つ星

2021年5月25日、日産自動車は自動車アセスメント(JNCAP)において、デイズ/デイズハイウェイスターが軽自動車初の最高評価(5つ星)の「ファイブスター賞」を獲得したと発表しました。日産デイズは、2019年3月にフルモデルチェンジを受け、2代目にスイッチしています。

日産デイズ
軽自動車初の「ファイブスター賞」を獲得した日産デイズ(写真はハイウェイスター)

運転支援技術の「プロパイロット」をはじめ、先進事故自動通報システム「SOSコール」など、先進安全技術が搭載されています。

2019年度の自動車アセスメント(JNCAP)において、最高評価となる衝突安全性能「ファイブスター賞」と予防安全性能「ASV+++」を獲得しています。また、2020年8月には、新たにミリ波レーダーが採用されるなど、先進安全技術のアップデートが図られています。

JNCAPは、第三者機関である国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)によりクルマの安全性能を評価し、公表するものです。

衝突安全性能評価は、フルラップ前面衝突、オフセット前面衝突、側面衝突、後面衝突頚部保護性能、歩行者保護性能(頭部/脚部)、シートベルト非着用時警報装置の各評価が判定されます。

予防安全性能評価は、衝突被害軽減ブレーキ(対車両)、衝突被害軽減ブレーキ(対歩行者。昼間・夜間。街灯あり、街灯なし)、車線逸脱抑制、後方視界情報提供装置、高機能前照灯、ペダル踏み間違い時加速抑制装置の各評価が行われ、衝突安全性能と予防安全性能それぞれの評価において「Aランク(最高ランク)」を獲得するのが条件。

さらに、「事故自動緊急通報装置」を装備した車両が「自動車安全性能2020」の「ファイブスター」と認定されます。なお、各評価で最高評価から2段階以上下回る評価を受けた場合には「Aランク」を獲得することができません。

2020年度からは、新たに総合評価「自動車安全性能2020」が開始されています。先述のように最高評価となる「ファイブスター賞」は、これまでの「衝突安全性能評価」と「予防安全性能評価」の両評価で最高ランクを獲得し、かつ「事故自動緊急通報装置」を備えた車両にのみ与えられる賞となっています。

今回、日産デイズ(試験車両:ハイウェイスターX 2WD/ハイウェイスターX プロパイロットエディション 2WD、日産オリジナルナビゲーション装着車)は、「自動車安全性能2020」において、軽自動車で初めてであり、唯一となる最高評価「ファイブスター賞」を獲得し、安全性の高さが第三者機関により評価されています。

日産デイズ
事故自動緊急通報装置の「SOSコール」を搭載する日産デイズ

日産では、「セーフティ・シールド」のコンセプトを掲げ、「アラウンドビューモニター(移動物検知機能付)」や「ハイビームアシスト」などの危険予防から「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」「踏み間違い衝突防止アシスト」などの危険回避をサポートする予防安全を採用。

さらに、万一の衝突時の乗員保護、衝突後の「SOSコール」までのトータルな視点で、乗員の安全をサポート。交通事故による死亡者を出さない「ゼロ・フェイタリティ社会」の実現を目指しています。軽自動車に安全面で不安を抱いている方は、自動車アセスメント(JNCAP)も参考にするといいかもしれません。

なお、2020年度のJNCAPの軽自動車では、5つ星のデイズ/デイズハイウェイスターが190点中、175.72点。三菱eKワゴン/eKクロスが190点中167.72点。ダイハツ・タフトが190点中、161.68点。スズキ・ハスラー(マツダ・フレアクロスオーバー)が190点中、146.93点となっています。

デイズ/デイズハイウェイスター以外の軽自動車は、4つ星です。

塚田勝弘