ジャガー初のプラグイン・ハイブリッドモデル「Eペイス PHEV」、限定20台でローンチエディションを導入開始

ジャガー初のプラグイン・ハイブリッドモデル「Eペイス PHEV」、限定20台でローンチエディションを導入開始

JAGUAR E-PACE PHEV LAUNCH EDITION

ジャガー Eペイス PHEV ローンチエディション

 

E-PACEに309psのPHEVパワートレインを搭載

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ハイパフォーマンスなコンパクトSUV「E-PACE(Eペイス)」に、1.5リッター直列3気筒INGENIUMガソリンエンジン(最大出力147kW/200ps)と「エレクトリック・リヤ・アクセルドライブ(最高出力80kW/109ps)」を組み合わせた、P300e・PHEVパワートレインを搭載した特別仕様車「Eペイス PHEV ローンチエディション」を、限定20台で5月21日より受注を開始した。

Eペイス PHEV ローンチエディションは、ジャガーが日本で初めて導入するプラグイン・ハイブリッドモデルで、INGENIUMガソリンエンジンと「エレクトリック・リア・アクセルドライブ」を組み合わせた最高出力は227kW/309ps、最大トルクは540Nmを発生し、0-100m加速は6.5秒、最高速度は216km/hを発揮する。

E_PACE_PHEV

3種類の走行モードで多彩な走りが楽しめる

走行モードは「EVモード」「ハイブリッドモード」「アテインモード」の3種類から選択でき、「EVモード」では最長55kmを電気モーターのみで駆動し、ゼロエミッション走行が可能となっている。「ハイブリッドモード」ではエンジンとモーターを自動的に切り替え、状況に合わせて効率的なドライビングを行う。バッテリー残量が0%の表示になっても、車両が全輪駆動を必要とする場面に備えて約20%の電力を残す設定だ。「アテインモード」ではエンジンを主動力源として使用し、バッテリー残量を85%に維持、または85%となるように充電を行う。70mph(112km/h)で走行した場合には、約90分間で85%に達する。

床下に配置したリチウムイオンバッテリーの容量は15kWhで、200Vの普通充電に対応し、自宅や公共施設、商業施設での充電が可能。充電ソケットは洗練されたEペイスのデザインを損なわないように、ボディ左後方にレイアウトした。

E_PACE_PHEV

装備も充実し、家庭用充電器も付属

Eペイス PHEV ローンチエディションは、ブルーファイヤーブルーのエクステリアカラーにサテンダークグレイの20インチホイールを組み合わせ、インテリアにはクラウドのウィンザーレザースポーツシートを採用している。

パノラミックルーフ、プレミアムアップグレードインテリアパック(空気清浄システム/プレミアムキャビンライト/イルミネーテッドトレッドプレート)や、テクノロジーパック(ワイヤレスデバイスチャージング/ClearSightインテリアリアビューミラー/ヘッドアップディスプレイ/インタラクティブドライバーディスプレイ)など、多彩なオプションを特別装備している。

さらにEペイス PHEV ローンチエディションの購入特典として、ジャガー推奨の家庭用充電器(戸建て向け標準工事費含む)を無料で付帯する。

【車両本体価格(税込)】

ジャガー Eペイス PHEV ローンチエディション:933万4000円(限定20台)

【主な装備】

・20インチ“スタイル5120”5スプリットスポーク(サテングレイ)

・ピクセルLED

・パノラミックルーフ

・ウィンザーレザースポーツシート(16ウェイ電動フロントシート/ヒーター&運転席メモリー付)

・プレミアムアップグレードインテリアパック(空気清浄システム/プレミアムキャビンライト/イルミネーテッドトレッドプレート)

・MERIDIANサウンドオーディオシステム

・コールドクライメートパック(ヒーター付きウインドスクリーン&ステアリングホイール)

・テクノロジーパック(ワイヤレスデバイスチャージング/ClearSightインテリアリヤビューミラー/ヘッドアップディスプレイ/インタラクティブドライバーディスプレイ)

・第2世代アクティビティキー(時計機能付きタッチスクリーン:1回2時間の充電で最長10日間使用可能な充電式。キーレスエントリー対応で防水・耐衝撃)

・パワージェスチャーテールゲート

・コンフィギュラブルダイナミクス

【問い合わせ】

ジャガーコール

TEL 0120-050-689