観客動員予定だったRSC第5戦ウィントン・スーパースプリント、開催直前での延期が決定

 RSCレプコ・スーパーカー・チャンピオンシップのシリーズオーガナイザーは、この5月27日に声明を発表し、5月28~30日の週末にオーストラリア・ビクトリア州のウィントン・モーターレースウェイで開催予定だった第5戦“スーパースプリント”の開催を延期することを決定。

 前日の26日には「イベントは計画どおり開催し、ファンの動員も予定する」とのステートメントが出されていたが、ビクトリア州での新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が再拡大を見せるなか、急遽の判断が下された。

 レースウイークに入った水曜にも、RSCとウィントン・モーターレースウェイの連名で発表された声明では、引き続き「ビクトリア州での感染状況を積極的に監視しており、今週初めにメルボルンでCOVID-19の症例が最初に報告されて以来、関係当局と積極的に情報共有と協力体制を築いてきた」とし、予定どおりビクトリア州北部でのイベントを開催し、すでに多数のチケット販売が進んでいたファンの動員も行われるとしていた。

「今朝(5月26日)のビクトリア州政府地域イベント管轄チームからのアドバイスでは、ウィントン・スーパースプリント戦はTier1(ティア1)承認の公開イベントと同じように通常どおり進行できるということでした」

「メルボルンで昨日発表された制限は公式な集客イベントとは異なり、市民に対する大規模な集会などに適用されます。ウィントン・モーターレースウェイの地区内に入​​ると承認されたCOVID-19計画が有効になり、必要に応じてQRコードとGPSによるトレースデータを利用できるようになります」

2年ぶり開催で開幕前テストも実施されたウィントン・モーターレースウェイだが、急遽の判断が下された
2年ぶり開催で開幕前テストも実施されたウィントン・モーターレースウェイだが、急遽の判断が下された

■第5戦の代替日程は7月31日~8月1日に

 こうしてビクトリア州政府のCOVID-19セーフ・プランに従って運営される計画だったレースだが、一夜明けた26日木曜には状況がさらに悪化。イベント直前の決断ながら、この週末の第5戦開催を回避することになった。

 これを受け、本来の第6戦を予定していたダーウィン・トリプルクラウン、そして7月初旬の第7戦タウンスヴィル500を経たのち、8月中旬のシドニー・スーパーナイトまでの期間で代替日程を検討するプランが提案された。

 最新のステートメントでは「スーパーカーと(ウィントン・モーターレースウェイを運営する)ベナラ・オートクラブは今朝、ビクトリアで進行中のCOVID-19最新状況のモニタリングを受け、今週末に予定されているウィントン・スーパースプリントのイベント開催を延期することを確認した」と記された。

「提案された新しいイベントの日付は2021年7月31日から8月1日となります。これは今後7日以内に確認される予定です。残念ながら本日の決定は、すべてのスーパーカーのファン、スタッフ、チームの健康と安全を確保するために行われました」

「スーパーカーとベナラ・オートクラブは、すべてのイベントが州や準州(テリトリー)、および連邦の規制に適切に準拠していることを引き続き確認し、調整と準備を進めて参ります」

 現時点のカレンダーでは、その第6戦として6月18~20日の週末に位置付けられていたダーウィン・トリプルクラウンが控えており、イベント名どおりオーストラリア連邦の準州ノーザンテリトリー州都ダーウィンでの開催が計画されている。

代替日程として提案された新しいイベントの日付は、2021年7月31日から8月1日となっている
代替日程として提案された新しいイベントの日付は、2021年7月31日から8月1日となっている