BMWが創立40周年を記念して、3・5・7シリーズに記念モデルを設定

■3シリーズは初代、5シリーズは2代目、7シリーズは初代を彷彿とさせる装備を用意

2021年5月24日、BMWの日本法人「ビー・エム・ダブリュー」が創立40周年(BMWは105周年)を迎え、3シリーズ5シリーズ7シリーズの主力セダンにそれぞれ40周年記念車を設定しました。

40周年記念限定車の共通装備として、記念ロゴが配されたアイテムを用意しています。

BMW3シリーズ
初代のヘッドライトを彷彿とさせる「BMW 318i 40th Anniversary Edition」のイメージ

コンソールにシリアルナンバーが刻まれたホワイトシルバーの限定バッジが装着されるのをはじめ、ドアを開けると足元を照らすLEDドアプロジェクターには40周年ロゴを投影。エクステリアのBピラー両サイドに、記念ロゴのステッカーが用意されています。

キーケースは40周年記念ロゴが型押しされた、上質なイタリア製レザーのBMW Group Japan完全オリジナル品になっています。

「BMW 318i 40th Anniversary Edition」は、初代3シリーズをイメージしてデザインされたというモデル。

クローム加飾がウィンドウモールをはじめ、キドニーグリルやエアインテーク部分に配されています。フロントバンパーの下部を「ブラック・ハイグロス」でペイントされているほか、繊細なスポークが特徴の「17インチアロイホイール771」を専用装備。

これらの特別装備により、初代BMW 3シリーズを彷彿とさせるデザインになっています。

BMW3シリーズ
「BMW 318i 40th Anniversary Edition」のエクステリア

インテリアには、ステアリングやサイドのドアトリムのガルバニック加飾をはじめ、「ヴァーネスカレザー」仕様のスポーツシート、センサテックダッシュボードなどの専用装備により上質感が演出されています。

カラーコーディネイトは、「メルボルンレッド」と「キャンベラベージュ」が限定20台、「グレーシャーシルバー」とブラックの組み合わせが限定80台、「アルピンホワイト」と「コニャック」の組み合わせが限定200台になっています。「BMW 318i 40th Anniversary Edition」の価格は、580万円です。

「BMW 523d xDrive M Sport 40th Anniversary Edition」は、2代目の5シリーズをイメージしてデザインされています。

BMW5シリーズ
2代目5シリーズを彷彿とさせる「BMW 523d xDrive M Sport 40th Anniversary Edition」

2代目5シリーズは、日本市場にディーゼルエンジンが導入された最初のモデル。また、「Mスポーツパッケージ」が量販車として初採用されています。

エクステリアでは、フロントにライトのリフレクター部分がブラックになる「Mライト シャドーライン」を専用装備。2代目5シリーズにも採用されていた伝統の丸型4灯ライトを彷彿とさせる顔つきになっていて、最新のシャープなフロントライトが強調されています。また、「Mスポーツパッケージ」として、当時人気だったオプション装備の「Mリヤスポイラー」も専用装備。

BMW5シリーズ
「BMW 523d xDrive M Sport 40th Anniversary Edition」のエクステリア

インテリアには、専用装備であるブルーステッチ付き「ダコタレザーシート」や「Mシートベルト」「Mスモークグレー・アルミインテリアトリム」などの「M Sport」の基本装備が備わり、記念モデルにふさわしいスポーティ感が強調されたインテリアになっています。

ボディカラーは「アルピンホワイト」「カーボンブラック」の2色が用意され、各50台、計100台限定。「BMW 523d xDrive M Sport 40th Anniversary Edition」の価格は、858万円です。

BMW7シリーズ
7シリーズには、3台の40周年記念モデルを設定。いずれも初代へのオマージュが表現されている

最上級セダンである、7シリーズの40周年記念限定車は「BMW 750Li xDrive Excellence」「BMW 745Le xDrive Excellence」「BMW 740Ld xDrive Excellence」がベース。こちらも初代7シリーズをイメージしたデザインが見どころです。

「BMW 750Li xDrive Excellence」がベースの「BMW 750Li xDrive 40th Anniversary Edition」は、「BMW Individual」の装備を多数用意。ボディカラーに「BMW Individual」の特別色である「アズライトブラック」が用意されています。「アズライト」の別名である「藍銅鉱(らんどうこう)」は、宝石の名前でも知られ、日本の伝統絵画に使われてきた高貴な色でもあります。

BMW7シリーズ
BMW7シリーズの40周年記念車

また、インテリアの専用装備として、「BMW Individualフルレザーメリノシート」の「スモークホワイト&ナイトブルー」の2トーンカラーを設定。さらに、「BMW Individualアルカンタラルーフライナー」の「ナイトブルー」「グレーポプラ・ウッドインテリアトリム」、スポーツオートマチック・トランスミッションを採用するなど、最上級の装備が用意されています。

「BMW 745Le xDrive Excellence」「BMW 740Ld xDrive Excellence Edition Joy+」がベースになる「BMW 745Le xDrive 40th Anniversary Edition」「BMW 740Ld xDrive 40th Anniversary Edition」には、「ブラックサファイア」のボディカラーに、「20インチ アロイホイール・Wスポークスタイリング646」が組み合わされています。上質で落ち着いたエクステリアを演出。

インテリアには、ブラックの「エクスクルーシブ・ナッパレザーシート」に、「グレーポプラウッド・インテリアトリム」を専用装備として用意することで、優雅なキャビンに仕立てられています。

BMW7シリーズ
7シリーズの40周年記念車もヘッドライトを初代のイメージで仕上げている

「BMW 750Li xDrive 40th Anniversary Edition」は6台限定で価格は、2114万円。「BMW 745Le xDrive 40th Anniversary Edition」は2台限定で価格は1600万円。「BMW 740Ld xDrive 40th Anniversary Edition」も2台限定で価格は、1614万円です。

塚田 勝弘