正体は初のスーパーカー!? BMW M8ベースの開発車両をキャッチ

■M5 CSを超える最高出力700psを発揮する可能性も!

BMWの2ドアスポーツカー、「8シリーズ」の頂点に君臨する「M8」ベースの謎のプロトタイプをカメラが捉えました。

BMW M8 CSL_004
BMW M8ベース 開発車両

昨夏にも8シリーズをベースとする開発車両を目撃しましたが、それとも異なるコンポーネントが見られ、謎が深まっています。

BMW M8 CSL_012
BMW M8ベース 開発車両

キャッチしたプロトタイプは「ビジョンMネクストコンセプト」を彷彿させる赤いアクセント、カーボンファイバーサラウンドを備えるグリルを装備。

さらにカーボンファイバースプリッター、独自のフロントフェンダーベント、赤いキャリパーを備えた高性能ブレーキシステム、軽量ホイールも確認できます。またリアクォーターウィンドウの場所にはカーボンファイバー製ベントが装着されています。

後部では、大型ウィングを初めて装着、F1に触発された第3のブレーキライトを備えるディフューザー、よりスリムなリフレクター、おなじみ4テールパイプエキゾーストシステムなども確認できます。

M8のパワートレインは、最高出力608psを発揮する3.0リットル直列6気筒エンジンを搭載、コンペティションモデルでは626psまで高められています。おそらく市販型では「M5CS」の636psを超える700ps程度も想定できるでしょう。

このプロトタイプの正体は「M8 CSL」の可能性もありますが、一部報道ではアクセサリーとレーシングパーツのテストとも伝えられており、謎のままですが、来春までにはその正体も見えてくるはずです。

(APOLLO)