GRヤリスGR4ラリー、全日本ラリー第5戦で初表彰台。勝田範彦が2位フィニッシュ

 JRC全日本ラリー選手権は5月22~23日、京都府の京丹後市を拠点に2021年シーズン第5戦『RALLY丹後2021』が行われ、トップカテゴリーであるJN-1クラスに参戦するTOYOTA GAZOO Racingは、勝田範彦/木村裕介組(トヨタGRヤリスGR4ラリー)が2位、眞貝知志/安藤裕一組(トヨタGRヤリスGR4ラリー)が6位で完走を果たした。勝田はチーム移籍後初の表彰台を獲得している。

 モータースポーツの厳しい環境の下で“人を鍛え、クルマを鍛える”ことを目的に、2015年からシリーズに参戦するTOYOTA GAZOO Racing(TGR)は、この2021年に最高峰クラスにステップアップ。トヨタGRヤリスをベース車両とする『GRヤリスGR4ラリー』をJN-1クラスに投入し、新たな挑戦をスタートさせた。

 そんなTGRは、5月2~3日に開催が予定されていた第4戦久万高原ラリーが延期されたことを受け、今戦までの間にGRヤリスGR4ラリーによるテストを実施。実質3戦目となる第5戦丹後では、このテストやこれまでの実戦データから得た知見をもとに、デファレンシャルや足まわりを改良した新仕様の車両が用意され、8度の全日本王者である勝田に託された。

 迎えたラリー初日は、スタート直前に小雨に見舞われダンプ路面の難しいコンディションに。そんななか9度目チャンピオン獲得を目指す勝田は匠なドライビングでベストタイムを記録すると、続くSS2でステージウインを飾り、ラリーをリードする。
 
 その後、勝田は順位を2番手に落としたものの、デイ2のSS10で今大会3度目のベストタイムをマーク。総合2位でフィニッシュし、GRヤリスGR4ラリーでの初ポディウムを獲得した。チームメイトの眞貝/安藤組も着実なペースで6位完走を果たし、今後につながるさまざまなデータをチームにもたらしている。

「エンジニアやメカニックの頑張りで、GR YARIS GR4 Rallyは本当に良くなった」と語るのは、移籍後初めて表彰台に立った勝田。

「集中的なテストも行っていただき、実戦に対してのノウハウも増えました。もちろんテストと本番はまったく違います。テストでノウハウを生かし、さらに実戦で鍛えることが、このマシンにとって本当に有効だということでしょう」

「今回のラリーを終えて、良かった部分を土台としてさらに変化をつけていけば、クルマはもっと速くなるはずです。次のモントレーは各SSの距離が長いので、ひとつひとつ課題をクリアにして挑みたいです」

総合2位となった勝田範彦/木村裕介組(トヨタGRヤリスGR4ラリー)
総合2位となった勝田範彦/木村裕介組(トヨタGRヤリスGR4ラリー)

■「次戦モントレーでも好結果を目指す」と宮本チーフメカ

 眞貝は「最終日にはタイムアップもできましたし、とても前向きなイメージを得ることができました」とコメント。

「チームにはセクションごとに、エンジンやサスペンション、ブレーキ、タイヤなど、さまざまなことをフィードバックしていますし、逆にチームからは、即座に分析したデータを基に、私がこのクルマをより速く走らせるためにはどうするべきかというアドバイスを、次のセクションのSSが始まる前に頂けました」

「こうした連携もあって、チームと一緒に戦っているという実感がありますね。今後も一丸となって成長を続けていきたいと思います」

 今戦、仕様の異なるクルマが用意されたことについて、データの比較を理由に挙げた豊岡悟志チーム監督は4名のクルーに謝辞を述べている。

「ラリーではデータを比較すべく、勝田選手と眞貝選手で異なる仕様で走ってもらいました」

「改めて勝田選手の並外れた速さや、眞貝選手の繊細なフィードバックなど、クルマと向き合ってくれる4人のクルーには感謝です。これからもチーム一丸となり、ラリーという最高の舞台で“人とクルマを鍛える”を進化させていきます」

 チーフメカニックを務める宮本昌司氏は、「今後はシーズン後半のグラベル(未舗装路)ラリーに向けた準備も進めますが、まずはターマック(舗装路)ラリーのひと区切りとなる次戦モントレーで、これまで得たものをしっかり反映させて好結果を目指します」と語った。
 
 その次戦第6戦モントレーは6月11~13日、群馬県高崎市を中心に開催される予定だ。