乃木坂46・齋藤飛鳥がドライブする日産「R35GT-R」ってどんなクルマ?【新曲MV「ごめんねFingers crossed」】


目次

・初代は50年以上前の通称「ハコスカ」
・570spのV型6気筒を搭載
・よりレーシーなNISMO仕様もある
・MVのGT-Rは600ps仕様


■乃木坂46新曲MVで日産「GT-R」が大活躍!

乃木坂46がリリースした新曲「ごめんねFingers crossed」のミュージック・ビデオが話題を呼んでいます。

乃木坂46ごめんねFingers crossedのMVで出ている日産R35GT-Rとは
歴代GT-R(中央が初代、奧の左から2代目、3代目、4代目、5代目)

6台ものスポーツカーが登場し、全編で白熱のストリートレースを展開。まるでハリウッドのカーアクション映画を彷彿とさせる迫力で、乃木坂46のファンはもちろん、クルマ好きにも楽しめる内容となっています。

GT-R NISMO
こちらは2020モデルのGT-R NISMO。

そんなMVに登場するクルマたちの中で、齋藤飛鳥さんがドライバー役を演じ、特に前半に大活躍するのが日産の「GT-R」です。

日本が誇るスーパーカーとも呼べるモデルなのですが、一体どんなクルマなのでしょうか? 主な特徴やプロフィールなどを紹介します。

●初代は50年以上前の通称「ハコスカ」

GT-Rは、日産が販売している高級スポーツカーです。元祖は、1969年に発売された初代「スカイライン2000GT-R(PGC10&KPGC10型)」。

大衆車のスカイラインをベースとした高性能仕様として登場したこのモデルは、当時数々のレースで大活躍し大ヒットを記録。今でも「ハコスカ」の名称で世界中にファンを持つ伝説のクルマです。

以後、2代目(通称ケンメリ・KPGC110型)まではS20型エンジン(2.0L・直列6気筒)を搭載した第1世代モデル、1989年以降はRB26エンジン(2.6L・直列6気筒)を搭載した第2世代と呼ばれるモデル群に継承されます。

特に、初代ハコスカや3代目のR32型(1989年)、5代目R34型(1999年)などは今でも人気が高く、中古車が1000万円以上はします。程度が極良の車両は3000万円以上するものもあり、世界中のコレクターに注目されているようです。

●570spのV型6気筒を搭載

2002年に5代目が生産終了となり、5年後の2007年に登場したのが現行モデルで、乃木坂46のMVにも登場するR35型のGT-Rです。シリーズとしては6代目ですが、モデル名からスカイラインがなくなり、独立した第3世代と呼ばれています。

乃木坂46ごめんねFingers crossedのMVで出ている日産R35GT-Rとは
日産・GT-R

主な特徴は、ノッチバッククーペとよばれるスポーツカーの代名詞ともいるスタイルに、最高出力570psもの大パワーを発揮する3.8L・V型6気筒(VR38型)ツインターボエンジンを搭載していることです。

また、4つのタイヤに最大限のグリップ力を生み出すためのプレミアム・ミッドシップパッケージも採用します。トランスミッションを車体後方に配置するトランスアクスル方式の採用、エンジンのフロントミッドシップ配置、カーボンコンポジット製プロペラシャフトを用いたトランスアクスル4WDなどの搭載により、街乗りから高速道路、ワインディングやサーキットまで、幅広くスポーティな走りが楽しめるクルマです。

乃木坂46ごめんねFingers crossedのMVで出ている日産R35GT-Rとは
GT-Rのコクピット

ほかにも、サスペンションには減衰力を3つの走行モード(幅広い走行に対応する「NORMAL」、快適な「COMF」、レーシーな「R」)から選択できる電子制御式ショックアブソーバーを搭載します。

電子制御バルブ付きのフジツボ製チタン合金マフラー、前輪に直径390mm、後輪は直径380mmの超大径ブレンボ製フルフローティングドリルドローターを採用するなど、数々の充実した装備が光ります。

●よりレーシーなNISMO仕様もある

さらに、1台1台が日産の匠ともいえる職人により手組みされているプレミアムさも大きな魅力です。また、ラインアップには、スタンダード仕様のほかに、日産のレース部門「NISMO(ニスモ)」が内外装をチューンしたGT-R NISMOも設定されています。

乃木坂46ごめんねFingers crossedのMVで出ている日産R35GT-Rとは
GT-R NISMOの2022年モデル

ルーフやフロントバンパー、リヤスポイラーなど、様々な箇所にレースなどでも実績が高い専用のカーボンパーツが施された仕様で、エンジンには「匠」の文字が入った専用カラーのプレートも装備。より戦闘的なスタイルと、スペシャリティ感が高い仕様になっています。

なお、GT-R NISMOは、2021年4月に2022年モデルと「GT-R NISMOスペシャルエディション」が発表されています。両モデルには専用カラーのNISMOステルスグレーを採用、スペシャルエディションには、専用のカーボン製エンジンフード(NACAダクト付き)なども装備されます。

乃木坂46ごめんねFingers crossedのMVで出ている日産R35GT-Rとは
2022年モデルのGT-R NISMOスペシャルエディション

GT-Rの価格(税込)は、スタンダード仕様が1082万8400円〜1463万6600円。GT-R NISMOおよびGT-R NISMOスペシャルエディションの価格は2021年8月に発表される予定です(発売は10月)。

●MVのGT-Rは600ps仕様

ちなみに、乃木坂46のMVに登場するGT-Rは、「世界一のスピード違反男」として世界的にも有名な、スモーキー永田率いる有名チューニングショップ「トップシークレット」の手により大幅な改良が施された仕様です。

乃木坂46ごめんねFingers crossedのMVで出ている日産R35GT-Rとは
MVで迫力の走行シーンを披露するGT-R(出展:乃木坂46 OFFICIAL YouTube CHANNEL)

鮮やかに塗られたゴールドに黒のラインが入った車体には、空力特性に優れたオリジナルのエアロパーツによりワイドなスタイルを実現。エンジンにはコンピューターチューニングを施したことで軽く600psをオーバーし、サーキットでは直線で300km/hをマークするといいます。

MVでも迫力の走行シーンを数多く披露してくれた特別仕様のGT-R、一度ドライビングしてみたいものですね。

(文:平塚 直樹