ランボルギーニ ウルスをダートコースで試す! スーパーSUVの本領発揮となるか!?【Playback GENROQ 2020】

ランボルギーニ ウルスをダートコースで試す! スーパーSUVの本領発揮となるか!?【Playback GENROQ 2020】

Lamborghini Urus

ランボルギーニ ウルス

未墾の猛牛

スーパースポーツカーの性能を持つSUV、ウルス。最高出力650ps、最大トルク850Nmという超高性能は、はたしてSUVの本懐であるダートコースでも発揮されるのか? オフロードコースに持ち込んでその実力を確かめた。

ランボルギーニ ウルスの走行シーン

「ワインディングで示した驚異の走行性能はステージをオフロードに替えても健在だ」

思えば、スタックの多い人生を送って来ました。いや真面目な話、世界中でスタックしてきた。いわゆる試乗会は問題ない。ハプニングは独自に行動している時に起きるものだ。昔、カメラマンと一緒にWRCを追いかけていた頃には、ケニアのぬかるみやスコットランドの林道で、あるいはフレンチ・アルプスの雪道で、にっちもさっちも行かなくなったことがいくらでもある。国内でもゲレンデにアウディ クワトロや911カレラ4を埋めたこともあった。そのほとんどは4WD車である。2WD車ではそもそも無理をしないからである。

4WDだからこそ、行けるのではないか、何とかもっと近づけるのではないかと欲を出してギリギリまで行ってしまって、挙句やっぱり無理だったということになる。使える道具が優秀であればあるほど、限界までそれを引き出してみたくなるのがクルマバカの性というか性癖なのである。もちろん、皆さんには薦めません。分別のある大人はそもそもそんなリスクを冒しません。私も単独行動は厳に慎むぐらいの頭はあったので、後で恥ずかしい話のネタにできるわけです。

釈迦に説法のような話であることを承知で言うが、今や世の中に数多あふれるSUVもその中身は千差万別である。FWDなのに形だけは4WDと同じというものから、雪道での発進時にまあ役に立つ程度の“ちょっとだけ4WD”、そしてメルセデスGクラスのように3ヵ所のデフロックを今なお個別に装備している本格派まで、すべてSUVと呼ぶから誤解が生まれるのだが、考えてみれば、現代のSUVに本格的な悪路走行性能がどれほど必要なのか。

ランボルギーニ ウルスの走行シーン

「凸凹だらけの悪路を走破する場合に最終的に物を言うのはタイヤ径と地上高である」

そもそもその種の能力を求めている人はいるのか、という根本的な疑問が浮かぶ。しかしながら、それは日本に限った話である。世界中の道にはまって来た私に言わせてもらえば、信じられないような道、あるいは道とさえ呼べないような「跡」がまだまだ当たり前に存在する。分厚く砂が積もったナミビアの川床を丸一日走ったこともある。その時はディフェンダーだったが、このクルマでなければ、という悪路はいくらでもあるのだ。

豪快に砂塵を巻き上げてドリフトする映像をそのまま真似する人はよもやいないと思うが(あの手の映像は事前に入念にチェックしたコースを使う)、ランボルギーニ初のスーパーSUVであるウルスの場合もその特徴を理解した上で鞭を入れるべきなのは言うまでもない。オフロードと言っても同じく千差万別だが、凸凹だらけの悪路を走破する場合に最終的に物を言うのはタイヤ径と地上高である。たとえば新雪がタイヤ直径の半分ぐらいまで積もっていたらもう難しい。外気温や雪質にもよるが、スタッドレスを履いたSUVでも乗り越えられないだろう。

ランボルギーニ ウルスのセンタースクリーン

「オンロードでは頼もしいピレリPゼロだが泥が詰まれば、文字通り手も足も出ない」

しかもウルスの場合は、オンロードでは頼もしいピレリPゼロのもともと数少ない溝に泥が詰まってしまったら(実際にたちまち詰まってしまうのだが)、文字通り、手も足も出ない。650psのV8ツインターボだろうが、アダプティブエアサスペンションだろうが、まさしく宝の持ち腐れになってしまうのだ。また、資料によるとウルスの最低地上高は158mmという。自慢のタンブーロで「テラ(グラベル)」や「サッビア(砂)」などオフロードモードを選択すれば、最高248mmまで上げられるというが、エアロダイナミックなバンパーを打たないように注意しなければならない。ちなみにレンジローバーの地上高は標準位置で220mm、最高では約300mmである。

その代わりというわけではないが、オンロードでのパフォーマンスは飛び抜けている。ランボルギーニ待望のスーパーSUV「ウルス」は、トルセンセンターデフ(基本駆動力配分は前後40対60、フロントに最大70%/リヤ87%まで可変配分)を使用する4WDシステムやツインスクロールターボを2基Vバンクの中に収めた4.0リッターV8ツインターボエンジンなど、多くのコンポーネンツをポルシェやアウディなどグループ内の他ブランドと共用しながらも、エンジン出力はグループ内最強。カイエンターボやパナメーラターボなどを大きく上回る最高出力650psと最大トルク850Nmを発生する。

ランボルギーニ ウルスの走行シーン

「スーパースポーツ並みの性能をもちながら通常は荒々しさを感じさせない」

全開にすれば0-100km/h加速は3.6秒、最高速は305km/hというスーパースポーツカー並みのパフォーマンスを備えた新種のSUVである。それでいながら通常走行ではまったく荒々しさを感じさせない点が現代的、V8ツインターボエンジンにはシリンダー休止システムが組み込まれており、軽負荷の定速走行時には頻繁に4気筒モードに切り替わって燃費を向上させる。

ハンドリングと快適性に優れていることも既に伝えられている通りだ。5mを優に超える全長と2m余りの全幅、ホイールベースも3m余りで車検証の車重で2.3トンを軽く超える(カタログ値は2.2トン)巨体が常にフラットさを失わず、滑らかに走るのはアダプティプ・エアサスペンションにアダプティプ・スタビライザー、後輪操舵システムなどの最新メカニズムを完備している効果だろう。

ワインディングロードでも事実上ロールを感じさせず、右に左にスイスイと水平を保ったまま向きを変えるコーナリングは、まるで大きく車高の高いカートを操っているような不思議な感覚だ。

ランボルギーニ ウルスのリヤスタイル

「いつかウルスに相応しいタイヤを履かせて、遮るもののない雪原を走ってみたい」

初のSUVモデルにしてこの洗練度、完成度は見事である。いやいや、チーターとLM002という先祖がいたでしょう、という人は勘違いしている。ランボルギーニ自身も関連性をアピールしているが、クライスラー製V8をミッドシップした“チーター”はあくまでプロトタイプであり、カウンタック由来のV12をフロントに積んだLM002(300台余りの生産台数ながら市販モデル)とはまったくの別物だ。

そのLM002も、舗装路でさえスムーズに走らせるのに手を焼く難物だった(実際に乗ったことがある人はもう少ないだろう)。必要な時だけ獰猛で、それ以外はまったく従順なウルスとは比べ物にならない。いつかウルスに相応しいタイヤを履かせて、遮るもののない雪原を走ってみたい。そういう舞台でこそスーパーSUVの真価を発揮してくれるはずだ。

REPORT/高平高輝(Koki TAKAHIRA)
PHOTO/小林邦寿(Kunihisa KOBAYASHI)

【SPECIFICATIONS】

ランボルギーニ ウルス

ボディサイズ:全長5112 全幅2016 全高1638mm
ホイールベース:3003mm
車両重量:2200kg
エンジン:V型8気筒DOHCツインターボ
ボア×ストローク:86×86mm
総排気量:3996cc
最高出力:478kW(650ps)/6000rpm
最大トルク:850Nm(86.7kgm)/2250-4500rpm
トランスミッション:8速AT
駆動方式:AWD
サスペンション形式:前後マルチリンク
ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ(リム幅):前285/45ZR21(9.5J)後315/40ZR21(10.5J)
最高速度:305km/h
0-100km/h加速:3.6秒
環境性能(EU複合モード)
燃料消費率:12.7L/100km
CO2排出量:325g/km
車両本体価格:3068万1070円

※GENROQ 2020年 5月号の記事を再構成。記事内容及びデータはすべて発行当時のものです。