『ジャガーE-PACE』にブランド初のPHEV導入。特別仕様車“LAUNCH EDITION”登場

 ジャガーのコンパクト・パフォーマンスSUV『E-PACE』に、ブランド初のプラグイン・ハイブリッド(PHV/PHEV)となる特別仕様車『E-PACE PHEV LAUNCH EDITION』が設定され、日本初導入が決まった。システム最高出力227kW/309PS、最大トルク540Nmを誇り、最長55kmのゼロエミッション走行が可能なパワートレインを搭載し、5月21日より20台限定で受注が開始されている。

 JLR(ジャガー・ランドローバー)のアライアンスを活かし、ランドローバーの『ディスカバリースポーツ』、レンジローバーの『イヴォーク』などと車体構成を共有して生まれたジャガーのコンパクトSUVが、ブランド初のPHEV搭載車となって日本上陸を果たした。

 2021年モデルへと刷新され、ジャガー初となる最新のアーキテクチャー“PTA(プレミアム・トランスバース・アーキテクチャー)”を採用するなど大きく機能向上を果たした現行モデルは、最新の電動パワートレイン技術に対応するよう設計されている。

 そのスペックを存分に活用し、同モデルには1.5リッター直列3気筒INGENIUMガソリン・エンジン(最大出力147kW/200PS)とエレクトリック・リヤ・アクセルドライブ(最高出力80kW/109PS)を組み合わせた先進の“P300e PHEV”パワートレインを搭載した。

 前述のとおりエンジンとモーターを合わせたシステム最高出力は227kW/309PS、最大トルクで540Nmを発生し、0-100km/h加速は6.5秒、最高速度は216km/hという高いパフォーマンスを有する。

 床下に配置されたリチウムイオンバッテリー容量は15kWhとなり、200Vの普通充電に対応。自宅や公共施設、商業施設などで充電することが可能となっている。

 この充電ソケットは洗練されたエクステリアデザインを損なわぬよう、ボディ左後方部にレイアウトされ、スポーティさを際立たせるブルーファイヤーブルーのエクステリアカラーに、サテンダークグレイの20インチホイールが合わさる。

ジャガー初となる最新のアーキテクチャー“PTA(プレミアム・トランスバース・アーキテクチャー)”を採用するなど大きく機能向上を果たした現行『E-PACE』

■3種類のドライブモードが選択可能。EVモードで最長55km走行可

 走行モードはEVモード、ハイブリッドモード、アテインモードの3種類から選択でき、EVモードでは最長55kmをモーターのみで駆動するゼロエミッション走行が可能に。

 状況に合わせて最適なパフォーマンスと効率的なドライビングを実現するハイブリッドモードでは、バッテリー残量が0%と表示されている場合でも車両が全輪駆動を必要とする場合に備え、約20%の電力を残す設定とされた。

 一方のアテインモードではエンジンを主動力源として使用し、バッテリー残量85%を維持。その水準を下回る場合は常時85%となるよう充電し、約112㎞/hで定常走行した場合には約90分間で85%に到達する充電能力を備える。

 その高い機能性に見合ったインテリアには、シックな色味となるクラウドのウィンザーレザースポーツシートを採用し、車内を明るくするパノラミックルーフも装備。

 さらにプレミアムアップグレードインテリアパック(空気清浄システム、プレミアムキャビンライト、イルミネーテッドトレッドプレート)や、テクノロジーパック(ワイヤレスデバイスチャージング、ClearSightインテリアリアビューミラー、ヘッドアップディスプレイ、インタラクティブドライバーディスプレイ)など多彩なオプションを特別装備し、利便性も向上させている。

 防水、耐衝撃の機能を持ち、時計機能付きタッチスクリーンを備えた第2世代アクティビティキーや、パワージェスチャーテールゲートも搭載し、ジャガー推奨の家庭用充電器(戸建て向け標準工事費用含む)も無料で付帯される『E-PACE PHEV LAUNCH EDITION』は、限定20台で933万4000円(税込)となっている。

エンジンとモーターを合わせたシステム最高出力は227kW/309PS、最大トルクで540Nmを発生し、0-100km/h加速は6.5秒、最高速度は216km/hという高いパフォーマンスを有している

Jaguarウェブサイト:http://www.jaguar.co.jp
ジャガーコール(フリーダイヤル):0120-050-689