「キャンピングカーこそLSDが必要!?」直進安定性を大幅に高めるカムロード専用LSDをOS技研が開発中!

「キャンピングカーこそLSDが必要!?」直進安定性を大幅に高めるカムロード専用LSDをOS技研が開発中!

発売開始は2021年秋頃を予定

最良のセッティングを求め実走テストを開始!

コロナ禍の影響もあり、アウトドアブームが再燃している。その影響で、キャンピングカーの販売実績はこれまで以上の伸びを見せているという。

街中でも4ナンバー小型トラックをベースに架装したキャブコンと呼ばれるカテゴリーを多く見かけるが、背の高い大きな箱を背負う姿は、横風や山道などの場面において車体の横揺れがとにかく大きい。そんなキャンピングカーの弱点を解決すべく、OS技研がLSDの開発に着手した。

傾きや振動などはサスペンションが受け止めるが、駆動力で直進安定性を高めるのはLSDの役割。OS技研ではこれまでもハイエースやNV350キャラバンといったワンボックス用製品を手がけており、LSDによる直進安定性の向上には豊富なノウハウを持っている。

現在は、キャンパー用シャーシとして高いシェアを占めるトヨタカムロード専用品の開発を進めている段階で、2021年秋頃のリリースを目指しているそうだ。LSDの恩恵は雪道でも発揮されるだけに、カムロードオーナーはOS技研の動向に注目されたし!

●取材協力:OS技研 岡山県岡山市中区沖元464 TEL:086-277-6609