フェラーリが史上最強V12エンジンを開発中か? 搭載されるモデルを大予想

■812コンペティツィオーネ/Aの830psを凌駕するパワーに

フェラーリは5月、最高出力830ps・最大トルク692Nmを発揮する「812コンペティツィオーネ」、およびオープンモデルの「812コンペティツィオーネA」を発表しましたが、さらなる強力なV12エンジンを開発していることがわかりました。

フェラーリ V12エンジン
フェラーリ V12エンジン

同モデルのパワートレインは、「812スーパーファスト」の6.5リットルV型12気筒自然吸気エンジンをブーストアップ、ブランド史上最高の仕様となっています。

フェラーリ コンペティツィオーネ_005
フェラーリ コンペティツィオーネ

Autocar誌のインタビューによると、同社のテクニカルボス・Michael Leiters氏は、より強力なV型12気筒エンジンを開発していると断言、しかし搭載するモデルの名は明かされていません。

現在考えられる3つ説では、まず2023年に登場予定のフラッグシップ「La Ferrari」(ラ・フェラーリ)後継モデルが考えられます。新型モデルでは、何らかの電化を特徴とするかもしれませんが、重量を考えるればプラグインハイブリッドはないと思われます。

第2の説は、現在開発が進められているブランド初のクロスオーバーSUV、「プロサングエ」です。その強力なV12エンジンを搭載すれば、スポーツカーより重い車重のデメリットを解消してくれるはずです。しかし、プロトタイプは、現在もマセラティ「レヴァンテ」のテストミュールをまとっており、今後まだ多くの時間が必要です。

3番目の説は、50年代を彷彿させるクラシックな「Icona」(イーコナ)シリーズの「Monza SP1」と「Monza SP2スピードスター」のスペシャルバージョンあたりになります。現在は最高出力810ps・最大トルク719Nmを発揮するV型12気筒が搭載されており、強化されたV12を搭載するには最高のモデルかもしれません。

おそらく、2022年前半までにはそのモデルが明らかになるかもしれませんが、情報を入手次第、掲載していきます。

(APOLLO)