ジョナサン・レイ「100勝はクールな数字で、僕のキャリアの象徴」/SBK第1戦アラゴン

 スーパーバイク世界選手権(SBK)第1戦アラゴンラウンドがスペインのモーターランド・アラゴンで開催。レース1、レース2を終えトップ3に入ったライダーと日本人ライダーの野左根航汰がレースを振り返った。

■2021年SBK第1戦アラゴン 決勝レース1

・Kawasaki Racing Team WorldSBK
ジョナサン・レイ 決勝レース1:優勝

2021年SBK第1戦アラゴン ジョナサン・レイ(Kawasaki Racing Team WorldSBK)
2021年SBK第1戦アラゴン ジョナサン・レイ(Kawasaki Racing Team WorldSBK)

「大変な労力を費やして今日の100勝を達成した。オフシーズン中、カワサキは新しいバイクを深く掘り下げて、一歩を踏み出すことができたんだ。オフシーズンには自分自身に一生懸命取り組み、すべての分野で改善した。僕はバイクでレースするという夢を持って、1993年から94年にかけて、両親と一緒にモトクロスのトラックを走り回った。2008年にスーパースポーツで世界選手権に出場する機会を得て、すぐにスーパーバイクに行った。2009年のミサノではルーキーとして最初のレースで優勝し、今では100勝を挙げている。それはすごいことだよ!」

「すべてのレースで勝利は特別だ。僕は統計学者ではないけれど、100勝が近づいてきたとき、それは大きな目標だった。それはとてもクールな数字で、僕のキャリアの象徴だ。とても誇りに思っているよ。悪天候の冬のテストでは少し運が悪かったけど、チームは可能な限りすべてのテストであらゆる調査をした。スタッフのみんなには、本当に世話になった。オフシーズンの長い間、犠牲を払って管理職だけでなくすべてのメカニックが家を離れていた。そして今、僕たちは良い位置にいる。最初のレースに勝ち、昨年よりも25ポイント多い状態でチャンピオンシップを開始できて良いスタートだ」

・Kawasaki Racing Team WorldSBK
アレックス・ロウズ 決勝レース1:2位

2021年SBK第1戦アラゴン決勝レース1 アレックス・ロウズ(Kawasaki Racing Team WorldSBK)
2021年SBK第1戦アラゴン決勝レース1 アレックス・ロウズ(Kawasaki Racing Team WorldSBK)

「週末中ずっと気分が良かったし、とても強いラップを走ることができた。レースでは、おそらく6周目か7周目に、バイクのフロントで苦労していくつかの問題を見つけた。それは予想していなかった。ターン5からターン10にかけてスライドが発生した。今年の最初のレースなので、今クラッシュすると無駄になると自分自身に言い聞かせた。だからリズムを見つけて、ジョナサン(・レイ)を追いかけず、誰かが自分を追い越したとき、戦おうと思った」

「それから僕の戦う相手がトプラク(・ラズガットリオグル)ということに気づいた。彼はブレーキがとても上手いね。このエリアでは、どういうわけか、練習の時と同じような気持ちにはなれなかった。幸い、トプラクはリヤタイヤを使い切って、たくさん滑り始めた。僕はうまく管理したおかげで、再び彼と戦うことができた。レース後半はかなり大変だったけど、最後に2位で終えられるとは思っていなかった。良い点は、予選が良く、スタートも良かったので明日のために改善を試みることができる」

・Pata Yamaha with BRIXX WorldSBK
トプラク・ラズガットリオグル 決勝レース1:3位

2021年SBK第1戦アラゴン トプラク・ラズガットリオグル(Pata Yamaha with BRIXX WorldSBK)
2021年SBK第1戦アラゴン トプラク・ラズガットリオグル(Pata Yamaha with BRIXX WorldSBK)

「昨年はここで苦戦したけど、今日は朝からずっと好調で、チームとともにたくさんの作業をこなした結果、表彰台に上ることができた。シーズン開幕戦でトップに近づく3位を獲得したことで今後に向けて自信を得ることができたし、グリッド4列目からここまで挽回できたことに満足している。アレックス(・ロウズ)とのバトルは素晴らしく、何度か接触もあったけど、これがレースというものだ。激しい2位争いの末に最終コーナーで抜かれてしまったが、彼を祝福したいと思う。今日は多くのライダーが苦戦していた。明日のスーパーポールレースと第2レースに向けて、チームとともにさらに改良を目指して、もう一度、表彰台獲得を狙っていくよ」

■2021年SBK第1戦アラゴン 決勝レース2

・Aruba.it Racing – Ducati
スコット・レディング スーパーポールレース:8位/決勝レース2:優勝

2021年SBK第1戦アラゴン決勝レース2 スコット・レディング(Aruba.it Racing - Ducati)
2021年SBK第1戦アラゴン決勝レース2 スコット・レディング(Aruba.it Racing – Ducati)

「今日のレースでは、大きなリスクを冒した。しかし、過去のレースでは、このような状況でインターミディエイトタイヤを履いて2回とも失敗していた。両方とも、あと少しで素晴らしい結果を達成することが出来たレースだった。そのため、今日は迷わずスリックタイヤを選択した。最初の数周はミスをしないように心掛けたが、トップに立つのは難しいことではなかった。確かに、インターミディエイト・タイヤを履いて、他のライバルと戦って勝つという選択肢もあったが、今週末に起こったことを考えると、これは重要な成功だと思う」

・Kawasaki Racing Team WorldSBK
ジョナサン・レイ スーパーポールレース:優勝/決勝レース2:2位

2021年SBK第1戦アラゴン決勝レース2
2021年SBK第1戦アラゴン決勝レース2

「シーズン最初のレースに勝ったことは、昨年の100倍良かったし、100回目の勝利が僕にとって本当の目標だったので、この週末は本当に満足している。今日、僕のキャリア全体でこんな状況を経験したことは一度もなかった。タイヤ選択が毎分のように変化するんだ。レース2に行くのに3分かかったので、僕はペレ(・リバ/クルーチーフ)にまだスリックタイヤがあるかどうか尋ねたよ!」

「スーパーポールレースでインターミディエイトタイヤを使った経験を経て、決勝でもそのタイヤを使うことにした。それが最も安全なオプションだったんだ。それは正しいものではなかったけど、グリッドの大部分はその組み合わせで、その時は確かに最も安全な選択だった。僕にとって2位は勝利のように感じる。僕たちがもっと競争力をつけることができた唯一の方法は、正しいタイヤを選ぶことだった。その観点から、僕は本当に満足しているし、来週のエストリルに興奮している」

・Kawasaki Racing Team WorldSBK
アレックス・ロウズ スーパーポールレース:2位/決勝レース2:3位

「2周後にコースが完全に乾いたため、レース2でスコット(・レディング)についていくチャンスはなかった。それは残念だったけど、バイクのフィーリングが良くなり、最後にいくつかの設定で少し遊んで、もう少しグリップを見つけることができた。今年の開幕戦では3つの表彰台に登ったので、このような形でシーズンが始まるのはいいことだ。次戦までたった1週間だけどバイクが良いので助かるよ。バイクをコントロールできているなら、状況をもう少しうまく管理することができる」

「今朝は完全に濡れた路面、そして乾いた状態でもフィーリングがよかった。ミックスコンディションでも僕たちは良い仕事をしたと思う。これらすべての状況でバイクの動きを理解しているので、僕たちが前進する良い位置にいる」