ディクソンが最速アテンプトでポール奪取【順位結果】第105回インディ500予選2日目/ファストナイン・シュートアウト

 NTTインディカー・シリーズ第6戦にスケジュールされた第105回インディアナポリス500マイルレース。23日、予選2日目となるポールデイでファストナイン・シュートアウトが行われ、スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)が自身4度目となるインディ500ポールポジションを獲得した。

 最後尾列を争うラストチャンス・シュートアウト終了後、14時30分からはファストナイン・シュートアウトが実施された。

 予選1日目の上位9台が参加するこのファストナイン・シュートアウト。前日の9番手から1回のみのアテンプトを行い、4周の平均スピードでポールポジションから9番グリッドまでが決定する。

 まずは4台全部がファストナインに進んだチップ・ガナッシ・レーシングのマーカス・エリクソンがトップバッターでアテンプトへ。エリクソンは、平均230.318mphを記録する。

 前日2度目のアテンプトでクラッシュを喫したアレックス・パロウ(チップ・ガナッシ)は3番手目にアテンプト。先に走った2台を上回る230.616mphを記録する。

 折り返しとなる5番目にアテンプトを行ったのはリナス・ヴィーケイ(エド・カーペンター・レーシング)。前戦で初勝利を飾ったヴィーケイは、ここでも好アテンプトを見せ平均231.511mphをマークしトップに立つ。

 チームメイトでオーナードライバーのエド・カーペンターもヴィーケイを追随し、231.504mphを記録して2番手に。

 好調のトニー・カナーンは、ふたりのスピードを交わせず3番手のスピードとなってしまう。

 8番目のアテンプトはアンドレッティ・オートスポートのコルトン・ハータ。1周目でヴィーケイを上回るスピードを見せると、残り3周もうまくまとめ231.655mphを記録しトップに浮上する。

 最後はディクソンがアテンプト。ハータを上回るスピードを1周目から記録。4周目は大きくスピードを落とすも、平均231.685mphと僅差でポールポジションを獲得した。

 2017年以来、通算4度目のインディ500ポールポジションとなったディクソン。2008年のポール・トゥ・ウイン以来の勝利をインディ500で飾ることができるだろうか。

第105回インディアナポリス500マイルレース/ファストナイン・シュートアウト総合結果

Pos. No. Driver Team Engine MPH Session
1 9 S.ディクソン チップ・ガナッシ H 231.685 Pole Day
2 26 C.ハータ アンドレッティ・オートスポート H 231.655 Pole Day
3 21 R.ヴィーケイ エド・カーペンター・レーシング C 231.511 Pole Day
4 20 E.カーペンター エド・カーペンター・レーシング C 231.504 Pole Day
5 48 T.カナーン チップ・ガナッシ H 231.032 Pole Day
6 10 A.パロウ チップ・ガナッシ H 230.616 Pole Day
7 28 R.ハンター-レイ アンドレッティ・オートスポート H 230.499 Pole Day
8 6 エリオ・カストロネベス メイヤー・シャンク・レーシング H 230.355 Pole Day
9 8 M.エリクソン チップ・ガナッシ H 230.318 Pole Day