ラドフォード プロジェクト 62、続報。ロータス タイプ62をオマージュしたミッドシップスポーツの生産台数は62台に 【動画】

ラドフォード プロジェクト 62、続報。ロータス タイプ62をオマージュしたミッドシップスポーツの生産台数は62台に 【動画】

限定62台の先行予約受付をスタート

元F1ドライバーのジェンソン・バトンや、テレビパーソナリティのアント・アンステッドらによって復活を果たした英国のコーチビルダー「ラドフォード(Radford)」。現在はロータスのコンサルタント部門「ロータス・エンジニアリング」と提携し、1969年製ロータス タイプ62(LOTUS Type 62)からインスピレーションを受けたモデル「プロジェクト 62(Project 62)」を開発している。

今回、ラドフォードは、プロジェクト 62を62台限定で製造することを発表した。ロータスの技術をベースに、独自のコーチビルディング技術を加えたラドフォード最初となるプロジェクト 62は、それぞれのカスタマーの要望に応じた完全なオーダーメイドモデルとなる。62台のオーダー受付はすでにスタートしており、数台を確定オーダーとして受注している。

新生ラドフォードのオーナー兼デザイン担当であり、様々なメーカーでカーデザイナーとして活躍してきたマーク・スタッブスは、プロジェクト62について次のようにコメントした。

「私たちの最初のモデルは、60年代後半の象徴的なロータス 62を彷彿とさせるユニークな存在となるでしょう。ロータス タイプ62のプロジェクトが、当時のロータスにとってどのような意味を持っていたのかを思い起こさせるはずです。62台のみの限定生産は、それだけで最高にレアでエクスクルーシブなモデルということを意味しています。プロジェクト 62にはすでに大きな関心が寄せられていて、すでにお客様からのオーダーを頂いています」

ラドフォード、ロータス タイプ 62をオマージュした「プロジェクト 62」を62台限定で生産

ロータスの技術強力を得たプロジェクト 62

プロジェクト 62はミッドシップレイアウトを採用した2シータークーペであり、英国的なコーチビルドの美学を体現しラグジュアリーな装備が与えられる予定だ。エレガントなエクステリアデザインを纏いながらも、ロータスの技術を駆使することで快適かつエキサイティングなドライブが提供されるという。

テレビ番組『名車再生! クラシックカー・ディーラーズ』においてメカニックとして活躍したアント・アンステッドは、プロジェクト 62の現況について次のように説明する。

「かつてラドフォードは特別な存在であり、尊敬されているラグジュアリーブランドでした。しかしラドフォードは長く埋もれた存在になっていました。今、私たちはプロジェクト 62と共にラドフォードの精神を復活させます。このクルマはブランドの歴史的価値を完全に体現した存在です」

「ラドフォードは、歴史上最も重要なスポーツカーである初代『フォード GT40』のボディワークを担当しています。その豊かなデザインやテクノロジーの遺産が、今日のラドフォードを支えています。プロジェクト 62は、英国の高級ブランドのなかで、特に優れた製品のひとつとなるでしょう」

ラドフォード、ロータス タイプ 62をオマージュした「プロジェクト 62」を62台限定で生産

テストドライブをジェンソン・バトンが担当

すべてのラドフォード・オーナーは、ジェンソン・バトンによる1日限定のサーキットイベントにも招待される。このイベントでは開発・テストドライバーを担当したバトンにより、デモンストレーションランも行われる予定だ。バトンは、プロジェクト 62の現況について次のようにコメントした。

「私にとってラドフォードのプロジェクトに携わった理由は、歴史上象徴的な自動車を現代の新たなファンのために蘇らせることができるからです。最初のモデルとなるプロジェクト 62はまさにその理念を体現しています。英国車を愛する者として、私はラドフォードがロータスと協力して1969年に製造された最高のスポーツモデル『タイプ62』をオマージュできることに興奮しています」

「プロジェクト 62の開発はすでに順調に進んでおり、私たちはこのクルマを正当に評価すべく懸命に取り組んでいます。そしてプロジェクト 62のオーナーの皆さんへとデリバリーする前に、ラドフォードのテストトラックでドライブするのが待ちきれません」