トヨタのエバンスが最終日を前に首位浮上。勝田貴元はオジエとの表彰台争いへ/WRCポルトガル

 5月22日、ポルトガルで行われているWRC世界ラリー選手権第4戦『ラリー・ポルトガル』のデイ2が行われた。この日のSS9~15を戦い抜いたTOYOTA GAZOO Racing WRTは、エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC)が総合首位、セバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)が総合3位につけた一方、カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC)は技術的な問題によりデイリタイアを喫している。

 WRCポルトガルの競技2日目は、サービスパークの北東に広がるカブレイラ山脈を中心に、7本計165.16kmのステージで争われた。前日終了時に首位と6秒差の総合2番手につけたエバンスは、午前中に行われたSS9~11で3ステージ連続となるSS2番手タイムを記録した。
 
 また、午後のループでは最初のSS12でベストタイムをマークすると、今大会最長となる全長37.92kmのSS14でも最速タイムを記録。このステージで総合トップを走っていたオット・タナク(ヒュンダイi20クーペWRC)がストップを喫したため、ウェールズ人ドライバーは総合首位に躍り出ることとなった。

 そのエバンスと総合2番手につけるライバルとの差は、1日の最後に用意されたポルト市街地でのショートステージを経て、直前の16.4秒から10.7秒に縮小。その後方にはさらに大きなギャップが築かれていることから、一騎打ちの格好でラリーの最終日を戦っていくことになる。

「ラリーをリードする立場になり、とてもうれしいよ。全体的には非常に順調な1日だった」と語るのは、新しいラリーリーダーとなったエバンス。

「午前中は、最初に自分のリズムを掴むまでは少し苦労したけれど、その後はまあまあ良かったと思う。路面のコンディションはかなりタフだった。しかし、うまく乗り切ることができたよ」

 デイ1では1番手スタートを担い、滑りやすい“ルーズグラベル”を掃き飛ばしながらの不利な走行を強いられたオジエは、1日をとおして勝田と総合4番手の座を激しく競いあうことになった。

 7冠王者はデイ2オープニングのSS9で総合5番手から4番手に順位を上げるも、直後のSS10でハーフスピンを喫し、勝田に逆転を許す。しかし、午後のSS12ではふたたびオジエが先行。SS14でライバルが戦列を離れたことにより表彰台圏内の総合3番手となった。
 
 チャンピオンとバトルを繰り広げた勝田は、オジエと1.5秒差の総合4番手で競技2日目を終えることに。この同門対決、かつ表彰台を懸けた争いはデイ3でも続くことになりそうだ。

総合3番手につけているセバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC) 2021年WRC第4戦ポルトガル
総合3番手につけているセバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC) 2021年WRC第4戦ポルトガル
デイ2でオジエと4番手争いを繰り広げた勝田貴元(トヨタ・ヤリスWRC) 2021年WRC第4戦ポルトガル
デイ2でオジエと4番手争いを繰り広げた勝田貴元(トヨタ・ヤリスWRC) 2021年WRC第4戦ポルトガル
デイリタイアとなったカッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC) 2021年WRC第4戦ポルトガル

■「セブと貴元の戦いはエキサイティングだった」とラトバラ代表

 今戦、初日から苦戦を強いられているロバンペラはSS13終了時点で総合6番手につけていたが、ロングステージのSS14を迎える直前に車両トラブルが発生。最終日の“パワーステージ”に備えデイリタイアを選択している。

 ロバンペラは「明日はきっと再出走できると思う」とコメント。

「明日の出走順を考えるとパワーステージは少し難しいかもしれないが、もちろん、できるだけ多くのポイントを獲得したいと思っている」と続けた。

 競技2日目を終え、TOYOTA GAZOO Racing WRTのヤリ-マティ・ラトバラ代表は「首位に立てたことを、もちろんうれしく思う」と語った。

「1日をとおして、トップの選手(タナク/ヒュンダイ)と対等に戦うことはできなかった。しかし、我々もそうだが、トロフィーを掲げるためには、最後まで走りきらなければならない」

「エルフィン(・エバンス)はとてもいい戦いをしていたし、幸運にも恵まれた。いま、彼はとても有利な位置につけているが、もちろん明日はフィニッシュラインを通過しなくてはならないし、何かが保証されているわけでもない」

「チャンピオンシップを考えれば、セブ(セバスチャン・オジエ)が表彰台圏内に入ったのは素晴らしいことだ。また、彼と(勝田)貴元の戦いはエキサイティングだった」

「残念ながら、カッレ(・ロバンペラ)のクルマにはロードセクションで技術的な問題が発生してしまい、その後37.92kmのロングステージを走ってダメージを広げるリスクをとるべきではないと判断した。自走でサービスに戻ることになりましたが、明日のパワーステージではポイント獲得を狙って戦えるはずだ」

 そのパワーステージが行われる競技最終日の23日(日)は、サービスパークの北東エリアで、5本のステージを日中のサービスを挟むことなく走行するスケジュールが組まれている。その中のSS18と最終SS20の“ファフェ”は、ビッグジャンプで知られるラリー・ポルトガルを代表する名物ステージだ。SS計5本の合計距離は49.47km、リエゾン(移動区間)も含む総走行距離は295.09kmとなる。

エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC) 2021年WRC第4戦ポルトガル
エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC) 2021年WRC第4戦ポルトガル
セバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC) 2021年WRC第4戦ポルトガル
セバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC) 2021年WRC第4戦ポルトガル
勝田貴元(トヨタ・ヤリスWRC) 2021年WRC第4戦ポルトガル
勝田貴元(トヨタ・ヤリスWRC) 2021年WRC第4戦ポルトガル
カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC) 2021年WRC第4戦ポルトガル
カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC) 2021年WRC第4戦ポルトガル