接戦のポール争いを渡辺一馬が制す。ルーキーの岡本が2番手/全日本ロード第3戦SUGO ST1000予選

 5月22日、2021年MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第3戦スーパーバイクレース in SUGOのST1000クラス予選が宮城県のスポーツランドSUGOで行われ、渡辺一馬(Astemo Honda Dream SI Racing)が制した。

 昨日から雨雲に覆われたスポーツランドSUGO。ST1000クラス予選が開始されるころには雨は上がっていたものの路面はウエットパッチが残る微妙なコンディション。不穏な霧も迫っていた。

 セッション開始早々に村瀬健琉(Team TKR)が1コーナー先で転倒。マシン回収のために赤旗が提示されるが、ほどなく再開される。

岡本裕生(bLUcRUニトロレーシング51YAMAHA)/2021年全日本ロード第3戦SUGO ST1000 予選
岡本裕生(bLUcRUニトロレーシング51YAMAHA)/2021年全日本ロード第3戦SUGO ST1000 予選

 勝負は残り5分を切ったあたりから始まった。榎戸育寛(SDG Motor Sports RT HARC-PRO.)、渡辺、岡本裕生(BLUcRUニトロレーシング51ガレージ YAMAHA)らが激しいアタック合戦を展開。その結果、渡辺が岡本を0.073秒という僅差で抑えてポールポジションを獲得した。

 フロントロウ獲得の岡本、前田恵助(bLUcRU伊藤レーシングBORGヤマハ)は0.548秒差以内。セカンドロウの星野知也(TONE RT SYNCEDGE4413 BMW)、榎戸、高橋裕紀(日本郵便 HondaDream TP)まではトップから0.832秒差以内という接戦だった。

濃霧のスポーツランドSUGO/2021全日本ロード第3戦SUGO
濃霧のスポーツランドSUGO/2021全日本ロード第3戦SUGO