津田一磨「コースサイドのみんなの反応が今までにない感じだった」/全日本ロード第3戦SUGO JSB1000 ポール会見

 5月22日、宮城県のスポーツランドSUGOで開催されている2021年MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第3戦スーパーバイクレース in SUGOのJSB1000クラスの予選を終え、レース1のポールポジションを獲得した津田一磨(BabyFace Powered by YOSHIMURA)、レース2のポールポジションを獲得した中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)が予選を振り返った。

初ポールを獲得した津田一磨(BabyFace Powered by YOSHIMURA)/2021年全日本ロード第3戦SUGO JSB1000
初ポールを獲得した津田一磨(BabyFace Powered by YOSHIMURA)/2021年全日本ロード第3戦SUGO JSB1000

レース1ポールポジション
■津田一磨/BabyFace Powered by YOSHIMURA

「ポールポジションは初めてなので、めちゃくちゃうれしいです。でも勝負は決勝なので、今はそちらに頭が行っています」

「テストでもスリックタイヤでは2番手だったり、中須賀選手の後ろでも走れていたので、スリックの自信はありました。予選ではだれよりも早くスリックに替えたと思います。チームは(タイヤ交換を)『マジで?!』って言ってましたが、ちゃんと準備してくれていたので、すぐにコースに出られました」

「本当はもう1周アタックするつもりで、かなりマージンを残していたのですが、チェッカーが出て終わってしまいました。でもコースサイドのみんなの反応が今までにない感じだったから、『僕がポール?』って」

「決勝はどういう状況になってもいいように、チームといろいろなパターンを準備しています。去年からマシンが替わり、チームもすごく一生懸命やってくれているので、早く表彰台乗りたいです。手ごたえも自信もあります」

津田一磨(BabyFace Powered by YOSHIMURA)/2021年全日本ロード第3戦SUGO JSB1000 予選
津田一磨(BabyFace Powered by YOSHIMURA)/2021年全日本ロード第3戦SUGO JSB1000 予選

レース2ポールポジション
■中須賀克行/YAMAHA FACTORY RACING TEAM

「雨がどっちつかずの状況で、レインタイヤの新品で走り出したけれど、徐々にコースが乾いていました。残り5、6分のところでスリックタイヤに履き替え、リスクがあるなかでの走行でしたが、そのなかで精いっぱい走りました」

「セクター3、セクター4は乾いていたけど、シケインなどはライン1本の状況で、どれだけリスクを負うかでした。残り6分では時間が足りませんでしたね。でも順調に進んでいるので、あとは力を出すだけです」

「レース2のポールポジションが獲得でき、いいスタートが切れたかと思います。レース1もフロントロウが確保できたのでよかったです。今日の午後の天気は分からないけれど、ドライでもレインでも、どちらのデータも取れているので、精いっぱい力を出し切りたいです。準備は万端です」

中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)/2021年全日本ロード第3戦SUGO JSB1000 予選
中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)/2021年全日本ロード第3戦SUGO JSB1000 予選